PR

NTTデータ、OpenFlowフレームワーク「バーチャルネットワークコントローラ バージョン2.0」を提供開始

2013年1月31日(木)

NTTデータは1月29日、ソフトウエアによるネットワークの柔軟な制御が可能なSoftware-Defined Networking(以下、SDN)ビジネスの展開に向け、ネットワーク基盤技術「OpenFlow」を簡易に導入できるソフトウエアフレームワーク「バーチャルネットワークコントローラ バージョン2.0」の販売を2013年2月28日より開始すると発表した。

本フレームワークは、OpenFlowスイッチとの通信を行うVNC(Virtual Network Controller)-NOSと、スイッチング等のネットワーク機能を提供するVNC-AP(Application)から構成される。VNC-NOSの機能はVNC-NOS APIを通して利用することができ、サードパーティーがVNC-APを自由に実装できるアーキテクチャーを採用した。VNC-NOSが各ベンダーのスイッチの仕様の違いを吸収するため、VNC-APは各社スイッチとの接続性を意識する必要はない。これらにより、ネットワーク構築を行う事業者は、スイッチの仕様にとらわれることなく、顧客のニーズを満たすネットワーク機能を柔軟に構築することができる。

さらに、本フレームワークでは、VNC-Standard APとして仮想ネットワークを構築・制御する機能を提供する。本APは、OpenStackとの連携により、VNC-APを新たに開発することなくクラウドサービスを構築することが可能。

合わせて、NTTデータは本フレームワークの開発パートナーの募集を2013年2月1日から開始する。開発パートナーは本フレームワーク上に自由にネットワーク制御機能を実装することができ、SDNならではの柔軟なネットワークの制御が可能となる。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています