PR

キヤノンソフト、Webアプリケーション自動生成ツール「Web Performer V1.3.0」を発売

2013年2月2日(土)

キヤノンソフトウェアは1月31日、スマートデバイス対応のWebアプリケーション自動生成ツール「Web Performer(ウェブ パフォーマ)V1.3.0」を発売開始した。

「Web Performer」は、開発現場への生産革新を目指し「短納期」、「高品質」、「低コスト」をコンセプトに2005年から発売開始し、大手、中堅を問わず、企業内の開発部門やSIベンダーなど様々な分野の開発現場で250社以上の導入実績を持つWebアプリケーション100%自動生成ツール。発売以来、市場の動向やビジネスの変化に対応した機能を追加し、バージョンアップを重ねてきた。

「Web Performer V1.3.0」では、従来のPCから利用するWebアプリケーションの自動生成に加え、iPhoneやiPad、Androidスマートフォン、タブレット端末から利用するWebアプリケーションも100%自動生成できるようになった。

Web開発者は、画面定義の際、「モバイル画面」と設定するだけで、従来のPC用Webアプリケーションの定義と同じ方法でスマートデバイスに対応したWebアプリケーションの構築が可能になった。「Web Performer V1.3.0」は、オープンソースであるj Query MobileのGUI部品を活用しており、スマートデバイスのブラウザに最適化された画面や、フリックやタップといったスマートデバイス特有の操作をもったWebアプリケーションを自動生成できるようになった。利用者は、業務システムの利用範囲が大幅に拡充され、新しいワークスタイルにも対応することができる。


キヤノンソフトウェア
http://www.canon-soft.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック