PR

ネットワールド、日本語GUI、VLAN機能を標準搭載したロードバランサの最新版を販売開始

2013年4月5日(金)

ネットワールドは4月3日、米Coyote Point Systems社製のWebアプリケーションサーバーのロードバランサ「Equalizer(イコライザー)シリーズ」の最新シリーズである「Equalizer LXシリーズ」を提供開始することを発表した。新しい「Equalizer LXシリーズ」のうち、ミッドレンジ市場をターゲットとする「Equalizer E370LX」を、4月3日から販売開始し、出荷は5月初旬を予定している。

「Equalizerシリーズ」は、レイヤ4による負荷分散方式とソースIPによるセッション維持機能に加え、レイヤ7対応によるコンテンツスイッチ機能を搭載するロードバランサ。

最新の「Equalizer LXシリーズ」は、新しいハードウェアプラットフォーム(2GBメモリ、デュアルコアCPU、40GB SSD)を採用したことにより、従来モデル「Equalizer GXシリーズ」と比較して、通常のトラフィックの処理能力が約6倍に向上。 さらに、今回販売開始する「Equalizer E370LX」は、従来シリーズの同等モデル「E350GX」と価格は変わらないため、より優れたコストパフォーマンスを提供する。

管理画面に日本語GUIを採用したことにより、管理者は従来よりも簡単に設定が可能となった。さらに、ネットワーク機能が強化され、VLAN機能を標準搭載したことにより、ネットワーク構成の柔軟性が向上した。 ネットワールドは、「Equalizer LXシリーズ」のその他のモデルも、Coyote Point Systems社のリリースに合せて順次、発売・出荷する予定。


ネットワールド
http://www.networld.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ネットワールド、日本語GUI、VLAN機能を標準搭載したロードバランサの最新版を販売開始 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。