PR

グレープシティ、Windowsフォームの開発手法のまま、HTML5対応Webアプリを開発するフレームワークを発売

2013年5月17日(金)

グレープシティは5月15日、Visual StudioでWindowsフォームアプリケーションを開発するのとまったく同じ手法でHTML5対応のWebアプリを開発できるフレームワーク「Visual WebGui Pro Studio Web&Mobile 7.0J(ビジュアル ウェブグイ)」を2013年6月26日(水)に発売することを発表した。1開発ライセンス価格は147,000円、開発したアプリケーションを運用する配布ライセンスは157,500円から(運用形態およびサーバー環境により異なる。税込み価格)。

Visual WebGuiは、イスラエルのGizmox社が配達した、社内のPCからでも外出先のモバイル端末でも快適な閲覧が可能なWebアプリケーションを開発できるフレームワーク。HTMLやCSS、JavaScriptについて学習する必要がなく、これまでの.NET Frameworkベースの開発手法でHTML5対応のリッチなインターネット/イントラネットシステムを開発できる。

開発ツールはマイクロソフト社のIDEであるVisual Studioのプラグインとして統合されており、Windowsフォームの標準コントロールとAPIレベルでほぼ同じ構造を持つデータグリッドやチャート、ボタンなどのUIコントロールを収録している。画面UI設計はコントロールをフォーム上に配置しプロパティ設定で行い、処理はオブジェクトのイベントハンドラにVBあるいはC#で記述する。HTML、CSS、JavaScriptの記述は一切必要ない。また、実行時はサーバー上でASP.NETとして動作するためサーバーサイドに.NET Framework以外のフレームワークは不要。また、HTMLの更新はクライアントサイドですべて行うためASP.NET Webフォームのようなポストバックも発生せずFlashやSilverlightのようなプラグインも不要となる。



Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック