PR

IIJ、ビッグデータ活用の効果を検証するためのトライアル環境と技術支援メニューを提供

2013年6月25日(火)

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は6月24日、クラウドサービス「IIJ GIO(ジオ)サービス」のラインナップを拡充し、ビッグデータ活用を支援するソリューション「IIJ GIO ビッグデータラボ」を提供開始した。

「IIJ GIO ビッグデータラボ」では、ビッグデータ活用のハードルを下げ、システムの本格導入に向けて、速やかなスタートアップを支援する。最小限の投資でビッグデータ活用の効果を実感できるよう、トライアル環境と技術支援メニューを合わせて提供する。

トライアル環境は、「IIJ GIOサービス」のクラウド基盤上で提供され、ビッグデータの並列分散処理基盤を低コストで利用することが可能。技術支援メニューでは、データの分析・仮説検証の支援や、各種テクニカルトレーニングを提供し、ビッグデータ活用イメージの具体化をサポートする。システムの構築・運用や分析プロセスの課題をIIJが共有し、技術的な観点から理想的なビッグデータ活用モデルを提示する。

「IIJ GIO ビッグデータラボ」は、提供開始に先駆け、すでにSBIホールディングス、ワイヤ・アンド・ワイヤレスで導入されており、ビッグデータ活用の速やかなスタートアップに効果的であると評価されているという。

「IIJ GIO ビッグデータラボ」の提供メニューは以下の通り。

・ビッグデータ基盤

「IIJ GIOサービス」上で、ビッグデータ活用のためのシステム基盤を提供。サーバーの基本的な設定、ミドルウェア、データ活用で必要となるツール(pig/Hive, Mahout, R等)までをインストールした状態で提供する。ユーザーは自ら検証環境を準備する必要がなく、低コストかつ迅速にビッグデータ活用の検証に取り組むことが可能。提供するミドルウェア、ツールについての問い合わせには、IIJが標準で対応する。初期費用は無償で、月々の利用料金のみ発生する。提供期間は最短1ヵ月から最長3ヵ月まで。

・分析、仮説検証(支援オプション)

高度なスキルを必要とするデータ分析作業を、IIJ及びパートナー企業が連携して支援する。データの具体的な活用に向けた施策や仮説の設定支援から、データの可視化・分析、仮説検証、検証結果レポーティングを提供。これにより、自社だけでは気づくことの難しい情報の発見や、データを活用した施策イメージを効果的に具体化することが可能となる。

・技術検証(支援オプション)

ビッグデータ基盤を利用した技術的な検証作業について支援。検証シナリオ策定や検証作業、アプリケーション開発アドバイス、データ移行サポート、ツールの操作等、個別のニーズに合わせて専門的なスキルをもつ担当者が支援する。また、自社で並列分散処理のアプリケーション開発者を育成したいというユーザーに対しては、トレーニングメニューも用意している。


インターネットイニシアティブ
http://www.iij.ad.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック