PR

SRA OSSとTIS、共同でPostgreSQLの性能監視が行えるZabbixテンプレートをOSSとして公開

2013年11月7日(木)

SRA OSS, Inc. 日本支社(以下、SRA OSS)とTISは11月5日、オープンソースデータベース「PostgreSQL」の稼働情報および性能監視を、オープンソースの統合監視ツール「Zabbix」から行えるテンプレート「PostgreSQL monitoring template for Zabbix(略称:pg_monz)」を共同で開発し、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開することを発表した。

SRA OSS とTISは、エンタープライズでの「PostgreSQL」利用を推進する「PostgreSQLエンタープライズ・コンソーシアム(以下、PGECons)」に参画し、「PostgreSQL」の技術検証活動をおこなってきた。今回、両社は双方の持つ知見・ノウハウを組み合わせて「PostgreSQL」と「Zabbix」を活用した「pg_monz」をOSSとして公開する。

「pg_monz」を活用することで、「PostgreSQL」、「Zabbix」にさほど詳しくない運用管理者でも「PostgreSQL」に対する高度な監視運用を手間なく実現することができる。

◆「PostgreSQL monitoring template for Zabbix(pg_monz)」の機能概要

「pg_monz」を活用すると、「PostgreSQL」の運用管理者がチェックしたい、下記のポイントが監視できるようになる。「Zabbix」の機能により、閾値によるアラート設定や、監視データの蓄積によるヒストリカルな分析がすべて、オープンソースのみで構築が可能になる。

  • 死活監視(接続確認、プロセス確認)
  • ログ監視(エラーレベルによる監視)
  • リソース監視(ディスク容量、CPU利用状況、メモリ利用状況、ディスク容量 他)
  • データベース監視(データベースサイズ、接続数)
  • 性能監視(チェックポイント発生状況、キャッシュヒット率、デッドロック 他)

今後、「pg_monz」はOSSとして公開してユーザからのフィードバックを受け改良を重ねるとともに、「PostgreSQL」のストリーミングレプリケーション(SR)機能や、レプリケーションや負荷分散が可能な pgpool-II にも対応したクラスタ対応などを行う予定。また、SRA OSSとTIS の両社では、それぞれで提供する自社のOSS関連サービスに「pg_monz」を活用し、商用サービスとしても展開していく予定。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック