PR

SUSE、プライベートクラウドソリューション「SUSE Cloud」に高可用性機能を提供

2014年5月23日(金)

ノベルは5月19日、SUSEのエンタープライズ向けIaaSプライベートクラウドソリューション「SUSE Cloud」に高可用性(High Availability)機能が新たに加わったことを発表した。これにより、最新版「SUSE Cloud 3」は、高可用性機能の設定と展開を自動化する業界初のエンタープライズ向けOpenStackディストリビューションとなり、プライベートクラウドの迅速な導入と安定した継続動作が保証される。

SUSE Cloudには、最も包括的なオープンソース型クラスタリングソリューション、SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionの各種コンポーネントが採用されている。SUSE Linux Enterprise High Availability Extensionは、x86サーバ上で稼働するミッションクリティカルなワークロードをシステム障害から保護し、世界中のデータセンターで利用実績を有している。SUSE Cloudを利用することで、プライベートクラウドのコントロールプレーンのダウンタイムに起因するサービス障害を回避できるほか、機敏性が求められる業務処理に必要なリソースへの継続的なアクセスを保証する。また、物理クラウドインフラのインストールと管理において、Crowbarプロジェクトをベースとしたフレームワークを搭載したSUSE Cloud Administration Serverを統合することで、クラウドインフラの展開および設定を自動化する。

SUSE Cloud 3は、OpenStackのHavanaをベースとしており、オーケストレーション機能(Heat)とテレメトリ機能(Ceilometer)をフルサポートする。SUSE Cloudは、KVM、Xen、Microsoft Hyper-V、およびVMware vCenter Serverとの連携を通じ、VMware vSphereを実行するハイパーバイザ混在環境をフルサポートする。

これらの高可用性機能は、SUSE Cloudのサブスクリプション に含まれ、追加費用なしで利用できる。SUSE Cloudの価格は、市場推定価格1,200,000円から。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック