PR

ヴィセントとエイムラック、オープンソースグループウェア「Aipo」を、共同で大手企業向けに機能拡張

2014年5月30日(金)

ヴィセントとエイムラックは5月27日、エイムラックが開発するオープンソースグループウェア「Aipo」について、共同で大手企業向けの機能拡張を行ったと発表した。Aipoを、同じくオープンソースのドキュメント管理ソフトウェアである「Alfresco」と連携させることで、内部統制に対応した文書管理や、文書を起点にしたワークフローを実現する。ヴィセントは、今回開発したAipoとAlfrescoとの連携ソリューションを販売する。

Aipoは、スケジュール管理、Webメールなどを備えたグループウェアで、40万件以上ダウンロードされた実績がある。利用企業数の増加に伴って、ユーザ数が数百名以上の規模の企業から、以下の機能を利用したいという声が多くあった。

・フォルダ機能
 -ファイルのバージョンを管理したい。
 -ファイルの属性を登録し、属性によってファイルを検索したい。
 -ファイルの中にあるキーワードで検索したい(全文検索)。

・ワークフロー機能
 -承認者が複数いるようなケース(例えば、課長と部長)に対応したい。
 -ファイルがフォルダに格納されたことをトリガーに自動的にワークフローを開始したい。

そこでヴィセントとエイムラックは、AipoとAlfrescoとを連携させ、Aipoの画面からAlfrescoの機能を利用できるようにすることで、これらの課題を解決した。これにより、主に以下のようなことが可能となる。

・内部統制に対応した文書管理
ファイルのバージョン管理、属性管理、アクセス制御などを行うことで、内部統制を強化。

・ドキュメント起点のワークフロー
フォルダにドキュメントを格納することで、すぐにワークフローが起動。
複数の承認者への対応など、大手企業の複雑な組織体系にも対応。

なお、AipoとAlfrescoの運用を容易にするため、シングルサインオン機能や、統合的なユーザID管理機能も合わせて提供する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック