PR

オラクル、「Oracle Linux 7」の提供を開始

2014年8月12日(火)

オラクルは、従来型およびクラウド、仮想化の各環境で利用できる、イノベーションやコラボレーション、ソリューション開発のために必要な機能とツールを提供するオープンソースオペレーティングプラットフォーム「Oracle Linux 7」を発表した。オラクルのSoftware Delivery Cloudから、自由にダウンロードし、配布できる。

「Oracle Linux」は任意のLinuxアプリケーションを実行できるように設計された汎用オペレーティングシステムで、サードパーティ製ソリューションに理想的なプラットフォームを提供する。ビジネスの目的に合わせて必要なソリューションを自由に選択できる。

今回のリリースではOpenStackなどの新テクノロジーをサポートすると同時に、最新のデータセンター向けに企業での使用に耐えるソリューションを提供する上で必要な最新のLinux技術、ツール、機能を提供するというオラクルのアプローチに基づいて設計されている。

「Oracle Linux 7」には、XFS、Btrfs、Linuxコンテナ(LXC)、DTrace、Ksplice、Xenの強化、「Unbreakable Enterprise Kernel Release 3」などの機能が搭載されている。

「Oracle Linux 7」が提供する運用ライフサイクルは10年間。「Oracle Linux Support」に登録した場合は、ライフタイム・サポートも提供される。「Unbreakable Enterprise Kernel Release 3」を利用するユーザーは、複数の主要リリース(「Oracle Linux 6.4」以降)でBtrfs、DTrace、Linuxコンテナ(LXC)などの機能を利用できるので、アップグレードを計画するための時間的余裕が得られる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック