PR

日本HP、企業のビッグデータ活用と分析を推進するサービスを発表

2014年11月5日(水)

日本ヒューレット・パッカードは10月30日、企業内のデータを把握、管理し、その活用を支援する「HPビジネスインテリジェンス・モダナイゼーションサービス」を発表した。本サービスにより、企業の顧客エンゲージメントの向上、新たなビジネス機会の開拓、およびコスト削減を推進する。

「HPビジネスインテリジェンス・モダナイゼーションサービス」は、企業がビッグデータ分析を既存の環境に統合することにより、新しい分析要求に対応できるように設計された、包括的なサービス、アーキテクチャ、テクノロジースイート。このスイートサービスには、「ディスカバリー」や「アセスメント」、「モダナイゼーション」、「トランスフォーメーション」が含まれ、多様な展開および加工、分析オプションを通じて、新たな分析戦略や継続管理を実現できる。

「HPビジネスインテリジェンス・モダナイゼーションサービス」は、企業がデータを駆使し、より機敏な組織となることを支援するための、3つの主要なサービスニーズに対応する。

・データのディスカバリー環境の提供
「データレイク」および、データを可視化するツールやサービスにより、迅速に企業規模でのデータ共有や分析を可能にする。

・データ分析ソリューション
ビジネスをより適切に運営するため、特定の分析ニーズに対応する。

・ハイブリッドデータの管理
関連するデータを活用するためにビジネスプロセスとシステムを統合し、業務レベルの分析を実現可能にする。

「HPビジネスインテリジェンス・モダナイゼーションサービス」は、ソフトウェア、ハードウェアおよびコンサルティングサービスを統合し、企業が実際のビジネス成果に基づいたトランスフォーメーションの実現を支援する。新たなサービスは利用しやすく、かつわかりやすいコスト体系で、イノベーションおよび差別化に注力することで、企業がビジネス機会を創造できるように設計されている。この新たなサービスにより、企業は以下の利点を享受することができる。

・柔軟で拡張性のある加工・分析モデル
サービス型、プライベートクラウド、ホスト型およびオンプレミス型のソリューションが含まれる。

・サービス
HPおよびHPの技術パートナーによる主要なソフトウェア(Hadoop、HP Autonomy、VerticaおよびHPエンタープライズセキュリティ製品を含むHP HAVEnビッグデータプラットフォームなど)を活用する。

・オープンアーキテクチャ
顧客企業は、既存のビジネスインテリジェンスおよび分析資産を活用できる。

・マネージドサービス
堅牢かつ実用的なサービスにより、トランスフォーメーションおよびロードマップをサポートする。

・HPパートナーエコシステム
拡張機能を提供し、価値実現までの時間短縮を実現する。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています