PR

エアーとサイオス、企業クラウドのセキュリティ強化で協業

2014年12月23日(火)

エアーとサイオステクノロジー(以下、サイオス)は12月16日、Google Driveおよびboxほか、WebDAV対応クラウドストレージのデータを暗号化するゲートウェイソフトウェア製品「WISE Gateway」(ワイズゲートウェイ)の教育機関への販売において協業することを発表した。

企業のクラウド利用の急激な増加にともない、クラウド事業者は顧客の重要なデータやプログラムを守るために高度なセキュリティ環境を提供している。しかし、サイバー犯罪の高度化や悪質化にともない、クラウドサービスを利用する企業が重大で深刻な被害にあう可能性も高まっており、より高度なセキュリティを望む声が増加している。

このような背景の中、ユーザ側でクラウド利用の際にセキュリティを高めることができるソリューションとしてクラウドアクセスセキュリティブローカ(Cloud Access Security Broker:CASB)という技術が注目され始めている。エアーが提供するCASBソリューション「WISE Gateway」を導入することにより、データはクラウドストレージに保存する前に暗号化され、暗号鍵はユーザ側で管理できるようになるためより高いセキュリティを確保することができる。

今回の協業では、Google Appsなどの企業や教育機関への導入支援サービスや様々なソリューションの提供などで豊富な実績を持つサイオスが、「WISE Gateway」の導入を支援することで、教育機関の安全なクラウド利用を容易にし、より高いセキュリティ環境を実現する。

エアーとサイオスは、今後も協業を深め、企業がクラウドを安心して利用できるソリューションの提供と販売を促進していく。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック