PR

東京エレクトロン デバイス、NetskopeのCASB製品の運用・監視サービス「MCS(Managed Cloud Security)」を提供開始

2018年2月9日(金)

東京エレクトロン デバイスは2月7日、米Netskope社のCASB(Cloud Access Security Broker)製品の運用・監視サービス「MCS(Managed Cloud Security)」を提供開始した。

「MCS」は、Netskopeの運用・監視を一貫して支援するサービス。Netskopeの運用ノウハウを持つ技術者によるシステム運用に加え、24時間体制でのログ監視や分析、クラウドサービスの利用傾向から潜在リスクを可視化するレポーティング、インシデント発生時の調査支援、24時間365日受付可能なヘルプデスク窓口開設などにより、ユーザが抱えるクラウドサービス運用における課題と負荷を軽減し、生産性の向上に寄与する。また、有償オプションとして、アドバイザーを派遣し、ユーザの潜在的なリスクや脅威、アラートなどについて傾向分析し対策案などを交えたリスクアセスメントを定期的に実施することも可能。

「MCS」のサービス内容は、「有識者による高度な運用」「専門部門による監視・分析」「インシデント対応支援」「24時間365日の問い合わせ受付」「月次レポート」からなる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
プレスリリース
サービス概要

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック