PR

米GoogleがCloud Foundry Foundationに参加、ほか

2016年12月22日(木)
吉田 行男
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

今年は昨年よりインフルエンザの流行が早くなっているようです。インフルエンザを予防するためには、「手洗い」「マスク着用」「咳エチケット」が必要だそうです。同様にソフトウェアも、脆弱性対策を日ごろから怠りなく実行することで、セキュリティ事故を防ぐことができます。

今週もOSSに関する注目すべきトピックを取り上げましたので、ゆっくりとご覧下さい。

サイオスとOSTech、OSSを利用したWebシステム構築ビジネスを提供

サイオステクノロジー(株)と(株)アウトソーシングテクノロジーは12月20日、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」をサービス基盤とし、オープンソースのWebアプリケーションフレームワーク「Drupal」とそのほか各種OSSを利用したWebシステムの設計・構築・運用・保守の一連の業務を「Drupal on Azure」としてワンストップで提供・支援するサービスを共同で展開すると発表しました。DrupalはWebサイトのコンテンツ作成、表示方法のカスタマイズ、管理作業の自動化、投稿者の管理などを可能とするOSSのコンテンツ管理システム(CMS)で、主に多国籍企業、政府・学術機関などが運用する大規模かつ、多言語対応が必要なWebサイトで導入されています。

(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2016/12/20/314/

米GoogleがCloud Foundry Foundationに参加

米国Cloud Foundry Foundationは12月15日、米国Google社が同Foundationのメンバーとなったことを発表しました。Google社と同Foundationは、これまでもいくつかの協業を積み重ねてきています。例えば、Google Cloud Platform上でCloud Foundryを稼働するための統合作業が挙げられます。また最近では、Cloud Foundryが外部サービスとの連携を行うためのAPIであるOpen Service Broker APIをさらにオープンなものにし、Cloud Foundry、Kubernetes、OpenShiftの3つのプラットフォームの連携を進めていくプロジェクトも発表されています。同プロジェクトには、今回参加したGoogle社の他にも、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)の主要メンバーが参加しています。

(参照記事:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1612/19/news057.html

米国Red Hat社、OpenStack NewtonベースのIaaSソリューション「Red Hat OpenStack Platform 10」を発表

米国Red Hat社は12月15日、OpenStack Newtonベースの「Red Hat OpenStack Platform 10」を発表しました。「Red Hat OpenStack Platform 10」は、9月に公開されたバージョン9に続く最新版で、10月にOpenStack Foundationが公開した最新リリース「Newton」を採用しました。システム全体での拡張性、容易なインフラ管理、オーケストレーションの改善、ネットワークの性能、プラットフォームの安全性などが強化点になります。また、ソフトウェアライフサイクルとしてデュアルサポートライフサイクルモデルを導入しました。これは3年のライフサイクルに加えて、2年追加でELS(延長ライフサイクル)サポートを追加購入できるもので、合計5年間のサポートが受けることができます。

(参照記事:https://mag.osdn.jp/16/12/20/163000

デージーネット、OSSのWebメール「Roundcube」の商用サポートを開始

(株)デージーネットは12月20日、日本語対応を強化した「Roundcube」の商用サポートを開始すると発表しました。「Roundcube」は、オープンソースのWebメールソフトウェアで、最大の特徴は機能拡張が容易である点です。インストール初期段階では、メールソフトとしての最小限の機能のみを備えますが、利用する組織に合わせて機能を拡張することができ、その組織独自のWebメールシステムを実現可能です。今回の商用サポートに伴い、デージーネットでは、「Roundcube」の利用方法やトラブルシューティングに関するサポート、具体的には「Roundcube」の日本語マニュアル、日本語対応強化のパッチを適用したバイナリパッケージなどを提供します。

(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2016/12/20/395/

「Ruby biz Grand prix 2016」、第2回大賞はMisokaとラクスルが受賞

12月15日、「Ruby biz Grand prix 2016」の授賞式が開催され、グランプリに「Misoca」と「ラクスル」が選出されました。今回で第2回目を迎える「Ruby biz Grand prix 2016」は、Rubyを活用してビジネスの領域で新たな価値を創造し、イノーべションを起こしたサービスや商品を表彰する取り組みで、今回は国内外から29事例がノミネートされました。そして事業の成長性と持続性、Ruby採用理由やRubyエンジニアの開発プロセスでの役割、事業の社会的な影響度を基準に、各賞が選出されました。

(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2016/12/15/456/

編集後記

今回が、今年最後の「週刊OSSウォッチ」になります。今年もご愛読いただきありがとうございました。今年もさまざまなニュースをご紹介してきました。来年も気になるニュースを皆様にご紹介することで、OSSに関連する動向を少しでもお伝えできればと思っています。来年もよろしくお願いいたします。

イベントのご案内
OSSウォッチ100回記念イベント(12/22)開催せまる!

2014年11月7日から連載が始まった「週刊OSSウォッチ」ですが、今年ついに連載100回を数えました!そこで、著者の吉田行男氏をお呼びして今年1年のOSS業界を総括するイベントを開催します。

緊急開催! OSSウォッチ特別編「吉田行男と振り返る2016年のOSS業界」

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載記事一覧

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事