PR

ブレインパッド、MapR製品の取り扱いを開始

2015年6月23日(火)

ブレインパッドは6月16日、IoT時代に求められる、ビッグデータ分析処理基盤として、マップアール・テクノロジーズ(以下、MapR社)が提供する商用Hadoopディストリビューション「MapR M5(Enterprise Edition)」「MapR M7(Enterprise Database Edition)」(以下、MapR製品)の取り扱いを正式に開始することを発表した。

すでにブレインパッドとMapR社による導入実績として、データ分析コンサルティングを提供するQubitalデータサイエンスのデータ分析処理基盤として、150台のMapR製品が採用されており、同社内での活用が進んでいるという。

ブレインパッドは、データ分析の実務を熟知する立場から、クライアント各社の分析課題に最適な最新のハードウェア・ソフトウェアの販売や環境構築を行うなど、データ分析処理基盤の導入支援を行ってきた。

現在、IoT分野が急速に発展する一方でセンシングデータやストリーミングデータによるデータの巨大化と多様化が進み、データ処理速度や簡易性、コスト面などさまざまな課題に対応するべく、データ分析処理基盤の必要性が高まってきている。

このような現状をふまえ、ブレインパッドは、従来のデータ分析処理基盤に加えリアルタイムのデータ分析処理基盤にも活用できる製品として、その高速性・信頼性・運用性の面から、2009年の米国での設立以来、金融・小売・メディア・医療機関・製造業など700社以上の企業に導入実績があるMapR製品の取り扱いを開始することとした。MapR製品は、商用Hadoopディストリビューションの代表的な製品であり、コスト効率がよく、大規模データの高速処理およびストレージを可能にする新しいソフトウェア。ブレインパッドは、MapR社と共同で各社への提案を行うなど、MapR製品の販売活動を強化していく。

今後、ブレインパッドは、IoT時代に向けて効率的かつ効果的なソリューション、サービスの提供を目指し、製品ラインナップの強化を図るとともに、データ分析における企業課題の診断から分析基盤の設計・構築までを行うコンサルティングなどの新たなサービス分野に進出していく。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています