PR

ショーケース・ティービー、WebRTC技術会社へ資本参加し、製品を共同開発

2015年7月22日(水)

ショーケース・ティービーは7月15日、レアジョブと共同で、フェイスピアに資本参加したと発表した。フェイスピアはWebブラウザ上でビデオやチャットなどを自在に利用できるWebRTC技術を核とした対面コミュニケーションプラットフォーム「FaceHub(フェイスハブ)」を提供している。ショーケース・ティービーは今後、フェイスピアと共同でビデオチャットを活用したWeb接客のためのクラウドサービスを開発・提供する。

WebRTCはWeb Real-Time Communicationの略で、Webブラウザにプラグインを追加することなく、Webブラウザ上でビデオや音声、チャットなどリアルタイムコミュニケーションを可能にするオープンソースの標準規格。米国ではすでにいくつかの商用サービスが展開されており、注目を集めている技術だ。

フェイスピアが提供するFaceHubは、WebRTCベースのFace to Faceコミュニケーションプラットフォーム。既存のビデオチャットシステムは、Flashや専用アプリケーションとして提供されているものが多く、これらを利用するには通常、アプリやプラグインのインストール、会員登録、連絡先(ID)交換などが必要。しかし、FaceHubはこれらの手間を省き、Webサイト上で即座に対面接客を行うことを可能にする。また、標準的な WebRTCにはない「1 対n、n対n通信」「ビデオ自動録画」「会話内容の自動文書化」などの機能も備えている。

ショーケース・ティービーは今後開発するクラウドサービスによって、EC サイト等における対面接客の他、人事面談、問い合わせ、不動産や金融商品の契約支援など従来のWebサイトではできなかったリアルなコミュニケーションを通じ、企業が提供する“おもてなし”を実現し、成約率を高める支援をしていく。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック