PR

Bashoとシスコ、グローバル規模で効率的なデータサービスの分散に対応したApache Mesosの統合で協業

2015年9月1日(火)

分散型NoSQLデータベース「Riak」を開発・提供するバショー・テクノロジーズ(以下、Basho)は、シスコ社との協業により、NoSQLデータベース「Riak KV」をApache Mesos上で実行可能にするフレームワークを開発したことを発表した。Apache Software Foundationが提供するオープンソースのリソース・マネージャであるMesosとの統合により、Riak KVインスタンス配下のデータセンター・インフラストラクチャを自動化する。MesosをRiak独自の自動化およびオーケストレーション技術と組み合わせることで、IoT(モノのインターネット)やビッグデータ・アプリケーションに対応したグローバル規模の分散型データサービスを、クラウド・リソースを効率的に活用しながら展開できる。

Riak KVは、グローバル規模で運用効率を維持できる高可用性を備えた分散型データベース。Mesosとの統合により、リソース管理が最適化されるため、Riakノードのインフラ要件を推測する必要がなくなる。Riak KV がデータ層を、Mesosが基盤のインフラをそれぞれ管理するため、顧客は高効率で容易に拡張可能な分散型データ・プラットフォームにアクセスできるようになる。また、この統合により、MesosがRiakノードに対するリソースを集約、最集約できることから、真の「プッシュボタン」型のスケールアップとスケールダウンが実現する。ユーザーは、ビジネスロジックのイベントに応じたスケールアップまたはスケールダウンするスクリプトを作成することにより、グローバルなマルチデータセンター・データベースを自動的に拡張できるようになる。

Mesosは、マルチデータセンター環境にて効率的なリソーススケジューリング・シェアリングを提供し、Riak KVなどの各フレームワークにどれだけのリソースを提供するのか、また、利用可能な物理リソースでどのアプリケーションを実行するのかを判断する。Mesosとの統合により、ユーザーはアプリケーションを1つから数千インスタンスにまで容易に拡張できる。Bashoは、Mesosとのオープンソースでの統合を開発中であり、サポートを含むエンタープライズ版も予定している。また、Mesosのリソース管理能力をBasho Data Platformのコアサービスの1つとして組み込むことも計画中という。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Bashoとシスコ、グローバル規模で効率的なデータサービスの分散に対応したApache Mesosの統合で協業 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。