PR

エンバカデロ・テクノジーズ、Windows 10にも対応したマルチデバイス向け開発ツールの最新版「RAD Studio 10 Seattle」を発表

2015年9月2日(水)

エンバカデロ・テクノロジーズは9月1日、同社の主力製品であるマルチデバイス向けアプリケーション開発環境の最新バージョン「RAD Studio 10 Seattle(ラッドスタジオ・テン・シアトル)」を発表し、同日より販売を開始した。

RAD Studio 10 Seattleでは、7月末にリリースされたWindows 10に対応。Windows 10の新しいUIコントロールを利用できることに加え、コンポーネントのカプセル化によりWindows 8/8.1や7などの旧バージョンでも利用できる。また、RAD Studioのマルチデバイス開発の独自サポート機能である「FireUI」も Windows 10に対応し、デスクトップ、 タブレット、 スマートフォンといった 画面サイズや利用形態の異なる複数のUIを、ひとつのフォームから継承して作成できるのが特徴。

RAD StudioはこれまでXEシリーズとしておよそ半年に一度のサイクルでアップデートされてきた。今回のバージョン10からはパッケージ版に加えてアップデートサブスクリプションモデルも提供し、今後は段階的にサブスクリプションに移行していく方針を示した。製品価格の30%が年間ライセンス料となり、これまでような半年毎の製品アップデートに加え、対応する各社OSのバージョンアップに追従する機能強化も実施していく。

なお、9月29日までの「10 Seattle発売記念キャンペーン」として10%オフの特別価格で提供される。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック