PR

連載一覧

2018年12月、クラウドネイティブなシステムの推進を目指した技術系のカンファレンス、JKD v18.12(JapanContainerDyas)が都内で開催された。

初日は有償のトレーニング、2日めはキーノートなどのカンファレンス、そして3日めはコミュニティデイとしてさまざまな講演が行われた。

この連載では、2日め、3日めのカンファレンス会場のようすを紹介していく。

2017年9月に、米国サンフランシスコで開催されたオライリーAI Conference 2017。2017年から2018年の年末年始にかけて、全9回の予定でその内容をレポートします。AIがもたらす未来を垣間見られるかも。
急速な普及を見せるFintech(finance + technology)を手がける企業が、大手からベンチャーまで参加したカンファレンスMoney 20/20 USAが、10月に開催された。カンファレンスのレポートをお届けする。

バージョン管理ツールGitをベースにしたリポジトリーサービス、GitHubは広く知られているサービスだ。

リポジトリーサービスを超えた新しいサービス、人工知能の応用など、盛りだくさんな内容のGitHub社の年次カンファレンスGitHub Universe 2017のレポートをお届けする。

NTTが2013年に設立したNTT Innovation Institute, Inc(NTT I3、アイキューブ)は、イノベーションの最先端の地シリコンバレーにおいて、広範な分野のテクノロジー開発を進める同社グループの拠点である。

今回はNTT I3のオフィスを訪問し、いくつかの分野の担当者にインタビューを行う機会を得た。「NTT」という名前から受けるイメージを超えた、様々な最先端テクノロジーを紹介する。

5月22日から24日まで開催された、今年で6回目となるChefの年次カンファレンスChefConf 2017のレポートをお届けする。
この連載ではVMware社のSDS、vSANによるハイパーコンバージドインフラが仮想化基盤にもたらす変化とそのメリットを紹介します。
昨今のビジネスコミュニケーションに必須と言えるチャットツールですが、その中でも人気を集めているのがSlackです。この連載では、Slackについてあまり詳しくないユーザーの「チャットツールはいろいろとあるけれど、Slackは他とどこが違うの?」といった疑問に答えるところから始めて、様々な使いこなし方や効率を上げるカスタマイズの紹介、さらに他のサービスとの連携といった領域までを紹介します。

この特集では日本マイクロソフト株式会社の複数のチームにインタビューを行い、「マイクロソフトにとってのオープンソースソフトウェアとは?」を掘り下げていきたい。プロプライエタリで閉鎖的、自社製品だけのエコシステムを最優先するマイクロソフトからオープンソースと共存しコミュニティに貢献するマイクロソフトへ。その実態を複数の製品担当、CTOなどへのインタビュー、座談会を通じて理解を進めたい。