PR

連載一覧

2018年12月、クラウドネイティブを志向するエンジニアや企業が集うテクノロジーカンファレンス、KubeCon+CloudNativeCon Seattle 2018が開催された。

5月のヨーロッパ、11月のアジア(中国)に続き、北米で開かれた今年3回目のKubeConは8,000名を超える参加者を集めた大規模なものとなった。

この連載では、KubeConの前日に開かれたCo-located Eventの一つ「OpenShift Commons Gathering」のようす、キーノートや注目の発表、そして出展各社のブースなどを紹介する。

Kubernetesを中心としたコンテナを用いたクラウドネイティブなシステムへの潮流は、確実なものとなっている。

クラウドネイティブという新たなパラダイムのもとでは、「セキュリティ」についても新たな形をとることになる。その新しいセキュリティについて、プレイヤーとなる企業や日本のパートナー企業に話を聞いてみた。

  • クリエーションライン(Aqua Securityのパートナー)
  • マクニカソリューションズ(Twistlockのパートナー)
  • Sysdig
【Wordのスタイル機能を使いこなして技術文書を書こう!】株式会社インプレスR&Dより発行された「エンジニア・研究者のためのWordチュートリアルガイド」の立ち読みコーナーです。

ベルリン在住のイラストレーター、高田ゲンキのIT系コミックエッセイ!

Think IT連載のコミックエッセイ「ライフハックで行こう! ―Think IT edition― フリーランスのススメ」で公開されていた第10~12話、14~22話、28~35話については、書籍『フリーランスで行こう!会社に頼らない、新しい「働き方」』でお読みいただけます。

【書籍情報】
フリーランスで行こう! 会社に頼らない、新しい「働き方」

著者:高田ゲンキ
価格:1,280円+税(紙書籍・電子書籍)
全国の書店とネット書店で大好評発売中!!

ご購入はコチラ↓
Amazon
インプレスブックス

KubeCon+CloudNativeCon China 2018が上海で開催され、Kubernetesやクラウドネイティブコンピューティングに興味のある約2500人の参加者を集めた。会場のようすやキーノート、併催されたイベントの内容を紹介する。
ソースコードリポジトリ最大手にして、今年Microsoftによる買収が発表されたことで、知名度の高まったGitHub。そのGitHubによる年次カンファレンスGitHub Universe 2018が開催された。キーノートで発表された新技術や、会場のようすを紹介する。
OpenStack Days Tokyo | Cloud Native Days Tokyo 2018が、8月2日、3日の両日開催された。国内でのベンダーニュートラルなテクノロジーカンファレンスとしては珍しい有料のイベントとして開催されたが、延べ約1,700名の参加者が集った。キーノートや注目のセッションについて紹介する。
Amazonの音声サービスの機能を拡張するアプリケーション(スキル)を初めて作成する方に向けて、サンプルプログラムを示しながら、スキル開発の方法を解説します。
オープンソースのパーソナルクラウド構築基盤であるOpenStackのカンファレンス、OpenStack Summit Vancouver 2018が5月21日から24日にカナダのバンクーバーで開催された。現地からのレポートを紹介する。
オープンソースソフトウェア関連のリーディング企業であるRed Hatが開催する年次カンファレンスRed Hat Summit 2018が、サンフランシスコで開催された。多くの参加者を集め、活気にあふれたカンファレンスのようすを紹介する。
コンテナオーケストレーションツールのKubernetesを中心としたクラウドネイティブなオープンソースソフトウェアに関するカンファレンス、KubeCon+CloudNativeCon 2018が、デンマークのコペンハーゲンにおいて5月2日から4日の日程で開催された。 キーノートや会場のようすを紹介する。

The Linux FoundationがホストするEmbedded Linux Conference & OpenIoT Summit North America 2018が、2018年3月12日から14日までポートランドで開催された。

Googleやintelといったビッグネームから、RISC-Vという新プロセッサの設計支援を手がけるSiFiveのようなベンチャー企業まで、多彩な顔ぶれが揃うイベントだ。

キーパーソンによるキーノートスピーチや、インタビューなどのレポートを数回に分けて紹介する。

オープンソースソフトウェアの利用を支援するThe Linux Foundationが、2018年3月6日から8日までカリフォルニア州ソノマにて、招待制のカンファレンス「Open Source Leadership Summit 2018」を開催した。

オープンソースのコントリビューター、ベンダー、ベンチャーキャピタリスト、ユーザーなどさまざまな属性の参加者が集うことで、新たなコラボレーションを生み出すことを目的としたイベントだ。

キーパーソンによるキーノートスピーチや、インタビューなどのレポートを数回に分けて紹介する。

2018年2月27日より、サンフランシスコで開催されたElasticの年次カンファレンスElastic{ON} 2018のレポートをお届けする。キーノートセッションでは、同社のソフトウェアのソースコード公開など、大きなニュースが飛び出した。

Google、MicrosoftそしてAmazon(AWS)といった大手クラウドプロバイダーによる対応も始まり、Kubernetesはコンテナオーケストレーションエンジンのデファクトスタンダードとなった感があります。この連載では、Kubernetesの基本的なことから実際に使用するところまで、解説します。

Kubernetes、始めるなら今です。