PR

マウス・ホイールと、通知領域への表示

2010年6月10日(木)
PROJECT KySS

NotificationWindowに予定表を表示する

今度は、ブラウザ外実行でのみ実行可能な、NotificationWindow を使ったサンプルを紹介します。

NotificationWindowは、システム・エリア内で表示される通知エリアです。このサンプルでは、予定を記録したXMLデータを読み込み、その日の予定を通知エリアに表示しています(図3)。

サンプル・ファイルはこちらからダウンロードできます。

図3: ブラウザ外実行で、通知エリアにその日の予定が表示されている

先のサンプル作成時と同様の手順で、新規Silverlight 4プロジェクト(プロジェクト名は「SL4_Notification」)を作成してください。プロジェクト依存関係を設定し、「Project/Add Reference」からSystem.Xml.Linqを追加しておきます。

また、予定を記録したXML文書ファイル(リスト3)を追加しておきます。

リスト3: 予定を記録したXML文書ファイル(myPlan.xml)

<?xml version="1.0"??>

 
  2010/04/29日付>
   
3 「ThinkIT」原稿の正式版対応、修正
プライベート・クラウドへのSilverlight 3 アプリケーションの移設
    内容>
  予定>
  ~予定>繰り返し、略。
予定表>

このサンプルはブラウザ外実行(Out-Of-Browser)で動作します。ブラウザ外実行を設定するには、VS 2010のメニューから「Project/SL4_Notification Properties」を選択し、「Enable running application out of browser(アプリケーションのブラウザ外実行を有効にする)」にチェックを付けます。

[Out-of-Browser Settings]ボタンの使用が可能になりますので、これをクリックします。ブラウザ外実行時に表示されるWindowのサイズを、「Width」と「Height」に入力して設定します(図4)。

図4: ブラウザ外実行時に表示されるWindowのサイズを設定する

MainPageとユーザー・コントロールのレイアウト

ブラウザ外実行の設定ができたら、コントロールをレイアウトしていきます。まず、MainPage.xamlのデザイン画面に、タイトル表示用のTextBlockとButtonコントロールをレイアウトします。ButtonコントロールのContentプロパティには「本日の予定」と指定します(図5)。このレイアウトによって書き出されるXAMLコードは省略します。

図5: MainPage.xamlのレイアウト

次に、通知エリアに表示させるユーザー・コントロールを作成して、レイアウトしていきます。

Solution Explorer内のプロジェクト名を右クリックして表示されるメニューから、「Add/New Item」を選択します。

「Silverlight User Control」を選択し、「Name」を指定します。ここではデフォルトの「SilverlightControl1.xaml」のままで作業を進めます(図6)。

「Silverlight User Control」を選択する

図6: 「Silverlight User Control」を選択する

いま作成したSilverlightControl1.xaml内のレイアウトを行います。

UserContorlのWidthに300、Heightに100を指定しましょう。通知エリアのHeightに100以上の値を設定すると、下側が切れてしまいますから、注意してください。また、プログラム内で、NotificationWindowのHeightに100より大きい値を指定するとエラーになります。

ToolboxからRectangle、Button、RichTextBoxコントロールをレイアウトします。

RectangleコントロールのFillプロパティには目立つ色を指定しておきましょう。ButtonコントロールのContentプロパティには「閉じる」と指定し、Rectangleの右上に重ねます。

RichTextBoxコントロールのIsReadOnlyプロパティにはチェックを付けて編集を不可とします。

すべてレイアウトすると図7のようになります。このレイアウトによって書き出されるXAMLコードはリスト5の通りです。

図7: Rectangle、Button、RichTextAreaコントロールをレイアウトした

リスト5: 通知エリアのXAMLコード(SilverlightControl1.xaml)

  xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
  xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
  xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
  xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
  mc:Ignorable="d"
  d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="400" Width="300" Height="100">

 
   
   
   
 


四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています