PR

RichTextBox内の各オブジェクトを印刷する

2010年6月14日(月)
PROJECT KySS

オブジェクトを指定して、必要個所を印刷する

Silverlight 4では、印刷機能がサポートされました。しかも、任意のオブジェクトを指定しての印刷が可能となっています。Silverlightアプリケーションの画面を印刷したい場合、Silverlight 3以前のように、ブラウザの印刷機能を使用する必要はありません。

第6回では、この印刷機能を使ったサンプルを紹介します。

このサンプルのプロジェクト・ファイルは、こちらからダウンロードできます。

今回実装する処理は、RichTextBoxコントロール全体を印刷したり、その中にレイアウトしたMediaElementやDataGridコントロールを指定して部分的に印刷するというものです。

実行画面には、「全て印刷」「動画印刷」「表印刷」の3つのボタンをレイアウトしておき、印刷範囲を指定できるようにします(図1)。

DataGridの表のデータは、プリンタに「Microsoft XPS Document Writer」を指定して書き出しています(図2)。[印刷(P)]ボタンをクリックすると、任意のフォルダに「ファイル名を付けて保存」することができます(図3)。保存したXPS形式のファイルは、XPSビューアで閲覧することができ(図4)、デジタル署名や印刷や検索が可能です。

もちろん、XPS形式で出力するだけではなく、プリンタを指定しての出力も可能ですので、試してみてください。

図1: 「全て印刷」「動画印刷」「表印刷」の3つのボタンで、印刷対象を設定する

図2: 出力方法として、ここではMicrosoft XPS Document Writerを指定している

図3: [印刷(P)]ボタンをクリックして「ファイル名を付けて保存」する。デスクトップ上にDataGrid.xpsという名前で保存している

図4: 保存したxpsファイルをダブル・クリックすると、XPSビューアが起動して閲覧できる。全て印刷した結果(上)、動画の印刷結果(中)、表の印刷結果(下)

RichTextBoxコントロールのレイアウト

前回までのサンプル作成時と同様の手順で、新規Silverlight 4プロジェクト(プロジェクト名は「SL4_RichTextBox_Print」)を作成してください。プロジェクト依存関係も設定してください。

UserControlのPropertiesペインの[Layout]を展開して、Widthに800、Heightに600を指定します。

Toolboxからタイトルを表示させるTextBlockと、Buttonを1個レイアウトしてください。ButtonのWidthやHeightや文字サイズを指定し、Contentに「全て印刷」と入力します。このButtonをコピーして、2回ペーストし、同じスタイルのButtonを増やします。それらのContentは、それぞれ「動画印刷」「表印刷」としておきます。

次に、RichTextBoxコントロールをレイアウトし、プレス&ドラッグして任意のサイズに広げます(図5)。IsReadOnlyプロパティにチェックを付け、編集を不可にしておきます。この設定をしなければ、RichTextBox内にレイアウトしたHyperlinkコントロールを選択してクリックすることができません。

図5: TextBlock、3個のButton、RichTextBoxをレイアウトする

この要素内には、 などの要素を記述することができます。
  要素はブロック・レベルの内容を記述する際に使用します。
  要素内にはUIElementを記述することができます。
  は改行を表します。
  は書式付き、または書式なしのテキストに用いられます。書式を設定する場合は、プロパティの値を設定します。 今回は、これらの要素のうちのいくつかを使ってみましょう。

リスト1のように、要素内に要素を追加します。その中に記述したテキストの一部に、要素で書式を設定し、要素を記述して、NavigateUriプロパティにリンク先を指定します。TragetNameプロパティには_blankを指定し、新規ウインドウが開くように指定します。

リスト1: RichTextBox内に追加するスタイル付きのサンプル・データ


このサンプルの実行には、
    TargetName="_blank" >Silverlight 4 プラグイン が必要です。

Silverlight 4では、任意のオブジェクトを指定しての印刷が可能です。
 
  印刷する場合は、
  ビデオを一時停止してください。


四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています