PR

Silverlight 4の印刷機能:RichTextBox編

2010年8月4日(水)
PROJECT KySS

RichTextBoxに表示させたデータを、複数ページに印刷する

今回も前回同様Silverlight 4でサポートされた印刷機能で、複数ページにまたがって印刷する方法を紹介します。今回はRichTextBoxに表示された書式付のデータを複数ページに印刷してみましょう。

実装する機能の動作は次の通りです。

まず、RichTextBoxに表示されているデータ(図1)の、上方にレイアウトされている[印刷]ボタンをクリックすると、書式付きデータが、複数ページに渡って印刷されるものです。このサンプルでは、Microsoft XPS Document Writerを選択し、XPSファイルに書き出しています(図2)。

※今回使用するデータは、青空文庫から入手した、著作権の消滅した、太宰治原作の「斜陽」の小説の一部です。

図1: RichTextBoxコントロールに書式付データが表示されている

図2: XPSファイルに、複数ページに渡ってデータが書き出されている

サンプル・ファイルはこちらからダウンロードできます。

※注意:「完了」のメッセージを確認してから、XPSファイルを開いてください。もし、いつまでたっても「完了」のメッセージが表示されない場合は、一度デバッグを終了して、VS2010メニューの「ビルド(B) > ソリューションのクリーン(C)」を実行してから、再度デバッグを実行してみてください。

新規プロジェクトの作成と依存関係の設定

早速サンプルを作っていきましょう。

VS 2010のメニューから[ファイル(F) > 新規作成(N) > プロジェクト(P)]を選択します。本稿では開発言語にVisual Basicを用います。次に、「Silverlight アプリケーション」を選択して、「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「SL4_TextMultiPrint」という名前を付けています。

ソリューションエクスプローラ内のプロジェクト名を選択して、マウスの右クリックで表示されるショートカットメニューから、「プロジェクト依存関係(S)」の設定も忘れないようにしてください。

VS 2010のデザイン画面上で、コントロールをレイアウトする

UserControlのWidthに800、Heightに600を指定してデザイン領域を広くしておきます。今回使うコントロールは、アプリケーションのタイトルを表示するためのTextBlockコントロール、印刷用のButtonコントロール、データの一覧を表示するRichTextBoxコントロールの3つです。

TextBlock、Button、RichTextBoxコントロールを、デザイン画面上にドラッグ&ドロップします(図3)。RichTextBoxコントロールがツールバーに登録されていない場合は、第1回を参考にして登録してください。

図3: 今回使う3つのコントロールを、デザイン画面上にドラッグ&ドロップする

コントロールをレイアウトできたら、[プロパティ]内の[共通]、[レイアウト]、[ブラシ]、[テキスト]等を展開して表示される各プロパティを設定して、デザインを整えます。TextBlockコントロールのText、Width、Height、Textのサイズ、ButtonコントロールのContentプロパティを設定しておきましょう。図4のようになります。

図4: 各コントロールのプロパティを設定した

これによって書き出されるXAMLコードは省略します。

ソリューションエクスプローラからSL4_TextMultiPrintを選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューから、「追加(D) > 既存の項目(G)」と選択して、XML文書ファイル(リスト1)を追加します。また、XMLデータはLINQ to XMLで処理するため、「プロジェクト(P) > 参照の追加(F)」からSystem.Xml.Linqを追加しておきます。

ダウンロード・ファイルには、XML文書ファイルは追加済みです。

リスト1 青空文庫の太宰治原作「斜陽」のXML文書ファイル(syayou.xml)

  • 1

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています