PR

ドラッグ&ドロップと、コントロールの生成

2010年6月11日(金)
PROJECT KySS

ドラッグ&ドロップでファイルを表示する

今回は、Silverlight 4で新たに追加されたDrag & Dropの機能と、RichTextBoxを使ったサンプルの2つを紹介します。 Silverlightアプリケーション開発の基本的な手順については、これまでの連載を参照してください。開発言語はVisual Basicです。

まず、ドラッグ&ドロップしたファイルの内容を表示するサンプルからです。

実装する処理は、図1のように、編集不可のTextBoxコントロール内に、ローカルの任意のフォルダ内にある、 拡張子が.xaml、.xml、.txt、.png、.jpg、.wmvの各ファイルをドラッグ&ドロップしたとき、その内容を表示したり再生したりするというものです。

テキスト形式ファイルの文字コードはUnicodeです。また、wmv形式のムービーファイルは、 開発時にVS 2010のソリューションエクスプローラ内のClientBinフォルダ内に配置しておく必要があるようです。ムービー以外のファイルについては、 ローカルディスクのどのフォルダに置いてもかまいません。

このサンプルのプロジェクト・ファイルはこちらからダウンロードできます。

各種ファイルをドラッグ&ドロップして表示している。

図1:各種ファイルをドラッグ&ドロップして表示している。(クリックで拡大)

ドロップ先と表示用のコントロールをレイアウトする

では、早速サンプルを作っていきましょう。VS 2010のメニューから[File/New/Project]を選択します。「Silverlight Application」を選択して、 「Name」に任意のプロジェクト名(サンプルでは「SL4_DragDrop」)を指定します。.NET Frameworkのバージョン、「Silverlight Version」もデフォルトのままで[OK]ボタンをクリックします。

Solution Explorerのプロジェクト名を右クリックして「Project Dependencies(プロジェクト依存関係)」を選択し、 「Project Dependencies」ダイアログボックスの「Depends on(依存先)」内のチェックボックスにチェックを付けておきます。

ここで、SL4_DragDrop.WebのClientBinフォルダ内に、再生テストに用いる任意のムービーファイル(サンプルでは「dougo320.wmv」)を追加しておきます(図2)。

テキストデータおよび画像をドラッグ&ドロップしての動作確認には、お手持ちのファイルを利用するか、 ClientBinフォルダ内のムービーファイルあるいはダウンロード用サンプルの中のTestDataの中にあるファイルを利用してください。

ClientBinフォルダ内にムービーファイルを追加した。

図2:ClientBinフォルダ内にムービーファイルを追加した。

UserControlのPropertiesペインの[Layout]を展開して、Widthに800、Heightに600を指定します。 そして、ToolboxからTextBox、Rectangle、Image、MediaElement、TextBlock、Labelコントロールをレイアウトします(図3)。

TextBox、Rectangle、Image、MediaElement、
                    TextBlock、Labelの各コントロールをレイアウトする。

図3:TextBox、Rectangle、Image、MediaElement、
TextBlock、Labelの各コントロールをレイアウトする。(クリックで拡大)

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています