PR

ネットワークを「安全」に「共有」する方法

2010年7月30日(金)
小川 直樹(おがわ なおき)

モバイル環境もクラウド対応に

最近、ネットブックやスマートフォンが注目されています。ここ数年の携帯端末の進化には、目を見張るものがあります。そして、この進化がワーク・スタイルに変化を与えています。インターネットの普及も相まって、まさに24時間365日「いつでも・どこからでも」ネットワークに接続できることが当たり前のようになってきています。

一方で、事業継続性の確保というビジネス要件もあります。2009年は"パンデミック"と呼ぶキーワードが注目されました。クラウド時代には、自然災害や人災といった多岐にわたるリスクに対して「常時接続性・応答性」が求められます。ビジネスを止められない状況になっています。

こうした、モバイル環境の進化や事業継続という課題をベースに、リモート・アクセスの需要が増えつつあります。オフィスからであろうと、リモート環境やモバイル環境からであろうと、「いつでも・どこからでも」同じようにアクセスできることが求められています。クライアントとデータ・センター間のフローを考える際には、モバイル環境や緊急時のリモート・アクセス環境も考慮しなければなりません。

こうした需要に対し、ジュニパーは、「Junos Pulse」と呼ぶエンド・ポイントのクライアント関連製品群を用意しています。ユーザーIDベースでアプリケーションを識別できる製品です。これにより、ユーザーは、場所や機器に依存することなく、オフィスにいるときと同じように、必要なデータにアクセスできるようになります。

図7: いつでも・どこからでも一貫性のあるアクセス環境 - Junos Pulse(クリックで拡大)

Junos Pulseは、クライアントPCからデータ・センターなどに遠隔アクセスする際に利用する、SSL VPN、WAN高速化、アクセス制御などの機能をまとめて提供する、統合型のクライアント・ソフトです。サード・パーティ製品を組み込んで機能を拡張することも可能です。

オフィス環境やネットブックからのアクセスでは、WAN高速化を有効にしたセキュアな高速アクセスが可能です。スマートフォンからはSSL VPNを使ったセキュアなアクセスが可能です。このように、いつ、だれが、どこからアプリケーションにアクセスしているかを理解し、アクセスベースのポリシーを制御します。

まとめ - クラウドは救世主か

本連載では、クラウド対応のインフラに求められる要件を解説しました。それぞれの要件を実現するためのアプローチや製品についての実践的なノウハウも解説しました。

ネットワーク全体をシンプルにすることで、クラウドの真の価値、つまり、拡張性や柔軟性、俊敏性、そして経済性、を享受できるものと考えます。さらに、クラウドを利用する側(クラウド環境にアクセスする側)の環境、つまり、オフィス環境やモバイル環境も整備することで、より適したネットワーク環境が構築できます。

クラウドが情報システムにとって救世主となるか否かは、ネットワーク全体をクラウド対応にするかどうかにかかっています。今回が本連載の最終回となりますが、既存のネットワークを見なおして、クラウド対応ネットワークについて考えるきっかけとなれば幸いです。

著者
小川 直樹(おがわ なおき)
ジュニパーネットワークス株式会社 マーケティング部 ソリューションマーケティングマネージャー

プログラマーから始まり、大手外資系ソフトウェアベンダーにて、ストレージソフトウェアを中心にプリセールス、プロダクトマーケティングを担当。2008年より現職。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ネットワークを「安全」に「共有」する方法 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。