PR

ネットワーク機器がクラウドを支える

2010年2月2日(火)
小宮 崇博

IT資源のネットワーク・サービスが急伸

ITにかかわる者にとって、2010年がクラウド・コンピューティング元年であることに疑いの余地はないだろう。このコンピューティングの概念をどのように価値創造/価値競争の戦いに生かしていくのかは、各人に考えていただきたい。本連載では、クラウド・コンピューティングという概念が立脚するIT技術について、ネットワークの側面から解説する。

インターネットや雑誌などでも取り上げられているが、クラウド・コンピューティングの本質は、ビジネス・ロジック(SaaS)やコンピューティング・リソース(PaaS/IaaS)を、準動的に利用できることである。

  • SaaS = ビジネス・ロジックそのものを提供するサービス
  • PaaS = ビジネス・ロジックを構成するためのプラットフォーム・サービス
  • IaaS = ビジネス・ロジックを処理するためのハードウエア・リソース・サービス

異論もあるかもしれないが、クラウド・コンピューティングをビジネスの側面から見ると、2つに大別できる(図1)。1つは、アプリケーションなどのソフトウエアをIaaS上の「仮想アプライアンス」で提供する形態である。もう1つは、スケール・アウトが可能なデータ・ストアやネットワーク・サービスのAPIを使う形態である。後者では、ユーザー独自のソフトウエアを動作させることができる。

XaaSは用途に応じて使い分ける

SaaSやPaaSの特徴は、Webベースのアプリケーションを想定した機能として、スケール・アウトのための特別な仕組みを持っている点である。昨今、雑誌でもよく取り上げられるKey-Value Store(キー・バリュー・ストア、以下、KVS)技術は、その一例である。

KVSのようなフレームワーク(特定用途のソフトウエア・ライブラリ群)は、複数システムにまたがるグローバルなアトミック操作(複数の操作を組み合わせた一連の操作)を犠牲にすることでスケーラビリティを得ている。アーキテクチャー上、既存のアプリケーションとは異なる制約がある。

一方、IaaSと仮想アプライアンスの組み合わせ、つまり、分散処理用フレームワークなどのミドルウエアの提供を前提とせずに素の仮想サーバー環境の上で仮想アプライアンスを利用するケースでは、スケーラビリティの制約こそあるものの、KVSに見られるようなアーキテクチャー上の制約はない。

XaaS(SaaS/PaaS/IaaS)は、いずれの形態を採用したとしても、ITに大きな変革をもたらす。例えば、ビジネス・ロジックをPaaSのフレームワークで構成すれば、最低限のIT基盤を保有するだけで済む。一方、IaaSと仮想アプライアンスを導入する場合であっても、カスタマイズを施すことで利用できる。

XaaSと従来のASP(Application Service Provider)との大きな違いは、ASPがアプリケーション層のマルチテナント機能を要求するのに対して、XaaSはアプリケーション層についてはシングルテナントを意識した構造でよい、という点である。

次ページ以降では、クラウド時代のデータセンターを構成するネットワークとインターコネクトのアーキテクチャーを示し、システムのボトルネックを回避するポイントを解説する。

ブロケードコミュニケーションズシステムズ
UNIXサーバメーカや運用管理ソフトウェアメーカでSEを勤め、2001年からブロケードに所属。主にFC-SANスイッチのプリセールスに携わり、2008年からは新技術、新製品の開発などの日本での技術サポートを行なう。現在は、ソリューション・マーケティングとして、FC-SANだけではなく、LAN/WANやI/O仮想化なども含めた広範なネットワークソリューションの提供に向け活動をしている。個人的にもストレージエリアネットワーク啓蒙のためのメーリングリストを主催している。
http://groups.yahoo.co.jp/group/san-tech/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています