PR

Low-Level APIを使ってデータ・ストアを検索する

2011年2月22日(火)
清野 克行

(4)ソート条件の指定-1

【リスト6】: ソート条件指定(成功)

Queryでは、フィルタを用いたデータの絞り込みのほかに、ソート条件を指定することができます。ソート条件は、ASCENDING(昇順)またはDESCENDING(降順)のどちらかで指定します。リスト6は、リスト5に価格による降順ソート条件を追加しています。

ただし、ソート条件には制約があり、フィルタで指定したプロパティ項目以外は指定できません。例えば、リスト7の場合、ソート条件に指定したプロパティ項目が、フィルタ項目とは異なる受注日(orddate)であるため、画面8のようなエラー・メッセージが表示されて実行失敗になります。

【リスト7】: ソート条件指定(失敗)

画面8: Query実行でのエラー表示

画面8: Query実行でのエラー表示(クリックで拡大)

ただし、この場合、リスト8のように、フィルタ項目にある価格(price)をプライマリのソート条件に指定し、受注日(orddate)をセカンダリのソート条件にに指定すれば、Query実行は成功します。

【リスト8】: ソート条件指定の変更(成功)

3.2. Query(String kind, Key , ancestorKey)

App EngineのQueryでは、上位(祖先)のテーブルのキーを指定して実行することもできます(Ancestorクエリー)。

【リスト9】: Ancestorクエリーの例

リスト9は、Ancestorクエリーの例です。

  • (1)では、オーダー・マスターのkind名とキー名からキーを生成します。
  • (2)では、Queryの第2引数で、(1)で生成したキーを指定してQueryインスタンスを生成しています。

Queryはショップ・マスター(shopMas)に対する条件検索ですが、親テーブル(kind)のキー指定によって、親キーで指定されたエンティティの子エンティティだけが検索対象となります。

3.3. Query(Key ancestorKey)

Queryでは、実際に使用される機会はほとんどないと思いますが、Ancestorキーだけを指定して実行することができます。

【リスト10】: Ancestorキーのみを指定してQuery実行

リスト10は、Ancestorキー指定でのサンプルです。(1)では、ルートになるオーダー・マスターのキーを生成しています。(2)では、生成されたキーだけを引数に指定して、Queryを実行しています。

画面9: Ancestorキーのみを指定したQueryのDWR画面から実行

画面9: Ancestorキーのみを指定したQueryのDWR画面から実行(クリックで拡大)

この検索をDWRの画面から実行すると、画面9のようになります。画面右で切れている部分をすべて表示すると、画面10のようになります。

画面10: Ancestorキーのみ指定の実行結果をすべて表示

画面10: Ancestorキーのみ指定の実行結果をすべて表示(クリックで拡大)

画面10のように、Ancestorキーだけを指定したQueryでは、その子孫に相当するテーブル(kind)のエンティティすべてが検索対象となります。

3.4. 引数無しのQuery Query()

引数を指定しないQueryもあります。この検索によって、エンティティ・オブジェクトを探しだすことができます。しかし、現状では、あまり用途はないでしょう。

【リスト11】: 引数無しのQuery

有限会社サイバースペース
慶應義塾大学工学部電気科卒。日本IBM、日本HPなどにおいて、製造装置業を中心とした業務系/基幹業務系システムのSE/マーケティングや、3階層C/Sアーキテクチャによる社内業務システム開発などに携わる。現在は、Ajax/Web 2.0関連のセミナー講師/コンサルティング、書籍執筆などを行っている。情報処理学会会員。http://www.at21.net/

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています