PR

Windows Azureストレージサービス

2011年4月8日(金)
bird982000(監修:山田祥寛)

Windows Azure SDK 1.3の衝撃とストレージサービスの重要性

2010年11月に新しいSDKが提供されて、Windows Azureも大幅な機能拡張が行われました。また、Windows Azure AppFabricやSQL AzureなどのWindows Azureを支える周辺機能も拡張されました。この機能拡張により、Windows AzureはPaaSでありながら大幅な柔軟性を持つこととなり、プラットフォームとしてより魅力が高まりました。今回解説するストレージサービスは残念ながら大きな機能拡張がされていませんが、これまで同様にAzure理解の中核となる点は変わりません。

Windows Azureのストレージサービスは、仮想化された環境であるWindows Azure上でデータの永続化を担保する重要な機能です。データ永続化を担保するため、データセンター内でそれぞれのデータは最低3つの複製が作成されて保存されています。また、ストレージサービスの特徴を理解して、十分に操作できることは運用フェーズに入ってからも重要になります。それぞれの機能を運用者の方に向けて概要を解説していきます。

ストレージサービスの機能

ストレージサービスはブロブストレージ、テーブルストレージ、キューストレージの3種類※1の機能に分かれていて、それぞれがストレージアカウントの下に存在する形になります。

図1:ストレージサービス概要

ブロブストレージでは単一のバイナリデータ(ブロブ)を保存するための機能です。ブロブに対してメタデータを付与することが可能です。このストレージはファイル保存に使われることが多く、アプリケーションなどで使用するファイルが保存されています。

テーブルストレージは構造化されたデータを保存する機能です。いわゆるキー/バリュー形式(KVS)のデータベースとして扱われています。例えば、データの保存容量も1ストレージアカウントで100TBまでとRDBでは扱うのが困難な容量までデータを保存でき、SQL Azureに比べて単位当たりのデータ単価が安いという特徴があります。

キューストレージは各種アプリケーション間での連携のためのメッセージを保存/提供する機能です。この機能によりアプリケーション間での疎結合での連携が可能になり、サービスがスケールしやすくなります。例えば、WebロールとWorkerロール間の非同期連携で使用されていて、キュー内のメッセージ数を確認してサービスのスケールを選択します。

すべてのサービスはHTTP経由で通信を行うREST形式で提供されており、各機能のURIは以下のとおりです。

機能 URI
ブロブ http://.blob.core.windows.net//
テーブル http://.table.core.windows.net/
キュー http://.queue.core.windows.net/

通常運用ではほとんど意識しませんが、障害調査の際に意識しなければならないケースがありますので頭の片隅に入れておいてください。

では、次ページからはそれぞれのストレージについて説明していきます。

※1 このほかに、ブロブの機能を使用してWindows Azure Driveと呼ばれるWindows Azure上で仮想的なNTFSドライブを提供するSDKの機能が提供されていますが、ブロブの一種であるため今回は扱いません。

著者
bird982000(監修:山田祥寛)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。
http://www.wings.msn.to/

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事