PR

コントロールの視覚効果とパノラマページの背景画像を変える

2011年7月11日(月)
PROJECT KySS

今回は2つのサンプルを紹介します。「TiltEffectによる視覚効果」と「パノラマページの背景画像を動的に変更する」です。

TiltEffectによる視覚的効果

まず「TiltEffectによる視覚効果」のサンプルの機能の動作を、下記に解説しておきます。

TiltEffectは、傾き効果を視覚的に提供する機能です。エミュレーター内に表示されている、ListBox内の氏名や、Button、RadioButton、HyperlinkButtonをクリックすると、一瞬傾いたような効果をもたらします(図1)。味気ないメニューの選択動作に、動きのある効果をもたらします。

3

図1:選択した項目やコントロールが、一瞬傾いたような効果をもたらす。キャプチャでは分かりづらいので、実際に動かして確認のこと(クリックで拡大)

サンプル一式は、会員限定特典としてダウンロードできます。記事末尾をご確認ください。
※サンプル実行でエラーが発生した場合は、「ソリューションのビルド」を実行後、再度、デバッグ開始を行ってください。

プロジェクトの作成

VS 2010のメニューから[ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)]を選択します。次に、「Windows Phone Application」を選択して、「名前(N)」に任意のプロジェクト名を指定します。ここでは「WP7_TiltEffect」という名前を付けています。Windows Phoneのバージョンには7.0を選択します。

ControlTiltEffect.dllの追加

まず、ControlTiltEffect.dllを入手する必要があります。下記のURLから、「Control Tilt Effect Sample」のリンクをクリックして、ControlTiltEffect.zipをダウンロードしてください(図2)。
→参照:Tilt Effect Overview for Windows Phone

3

図2:「Control Tilt Effect Sample」のリンクをクリックして、ControlTiltEffect.zipをダウンロードする(クリックで拡大)

ダウンロードした「ControlTiltEffect.zip」を適当なフォルダに解凍してください。解凍してできたフォルダ内のControlTiltEffect.slnを実行してVS2010を起動し、ソリューションのビルドを実行してください。すると、解凍したフォルダ\ControlTiltEffect\ControlTiltEffect\ControlTiltEffect\Bin\Debugの中に「ControlTiltEffect.dll」があります。

※ソリューションのビルドを実行しないとBin\Debugフォルダが作成されず、Debugフォルダ内のControlTiltEffect.dllを見つけることができませんので注意してください。

VS2010メニューの「プロジェクト(P)/参照の追加(R)」と選択し、[参照]タブをクリックして、上記フォルダ内にある「ControlTiltEffect.dll」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

3

図3:[参照]タブから「ControlTiltEffect.dll」を選択する(クリックで拡大)

ソリューションエクスプローラー内の「すべてのファイルを表示」アイコンをクリックして表示される、「参照設定」内にControlTiltEffectが追加されているのを確認してください(図4)。

3

図4:「参照設定」内にControlTiltEffectが追加されている

以上で、ControlTiltEffectの使用が可能になりました。

XAML(MainPage.xaml)の編集とコントロールの配置

エミュレーターデザイン画面内の、「page name」となっているx:NameがpageTitleのTextプロパティを、「TiltEffect」に変更します。

ツールボックスからListBox、Button、RadioButton、HyperlinkButtonコントロールを1個ずつ配置します。(図4)。ListBoxコントロールを選択し、プロパティウィンドウ内の[共通]パネルにあるItemsプロパティの横の[…]ボタンをクリックして、「コレクションエディター」を起動します。「項目の選択(S)」からListBoxItemを選択し、[追加(A)]ボタンで4個追加します。追加したListBoxItemのプロパティ[共通]パネルにあるContentに氏名を入力します(図5)。この辺りは、読者が自由に設定してください。

3

図5:ListBoxのコレクションエディターで氏名を追加した(クリックで拡大)

書き出されたXAMLコードをリスト1のように編集します。

リスト1  書き出された編集されたXAMLコード(MainPage.xaml)

(1)ControlTiltEffectを使用するためlocalという名前空間を定義します。<phone:PhoneApplicationPage>要素内でxmlns:local=”と入力すると値の一覧が表示されますので、その中からControlTiltEffect(ControlTiltEffect)を選択します(図6)。「プロジェクト(P)/参照の追加(F)」からControlTiltEffect.dllを追加していなければ、この値は表示されませんので注意してください。
(2)<ListBox>要素内にはコレクションエディターで設定した<ListBoxItem>要素のContentプロパティに氏名が追加されています。
(3)ControlTiltEffectの効果を有効にするために、<phone:PhoneApplicationPage>要素内に、local:と入力するとインテリセンスが機能し、TiltEffect.IsTileEnabled=”True”と選択していくことができます(図7)。

  <phone:PhoneApplicationPage 
    x:Class="WP7_TiltEffect.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:phone="clr-namespace:Microsoft.Phone.Controls;assembly=Microsoft.Phone"
    xmlns:shell="clr-namespace:Microsoft.Phone.Shell;assembly=Microsoft.Phone"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    xmlns:local="clr-namespace:ControlTiltEffect;assembly=ControlTiltEffect" ■(1)
    mc:Ignorable="d" d:DesignWidth="480" d:DesignHeight="768"
    FontFamily="{StaticResource PhoneFontFamilyNormal}"
    FontSize="{StaticResource PhoneFontSizeNormal}"
    Foreground="{StaticResource PhoneForegroundBrush}"
    SupportedOrientations="Portrait" Orientation="Portrait"
    shell:SystemTray.IsVisible="True" local:TiltEffect.IsTileEnabled=”True”> ■(3)

    <!--LayoutRoot is the root grid where all page content is placed-->
    <Grid x:Name="LayoutRoot" Background="Transparent">
      <Grid.RowDefinitions>
        <RowDefinition Height="Auto"/>
        <RowDefinition Height="*"/>
      </Grid.RowDefinitions>

    <!--TitlePanel contains the name of the application and page title-->
    <StackPanel x:Name="TitlePanel" Grid.Row="0" Margin="12,17,0,28">
      <TextBlock x:Name="ApplicationTitle" Text="MY APPLICATION" Style="{StaticResource PhoneTextNormalStyle}"/>
      <TextBlock x:Name="PageTitle" Text="TiltEffect" Margin="9,-7,0,0" Style="{StaticResource PhoneTextTitle1Style}"/>
    </StackPanel>

    <!--ContentPanel - place additional content here-->
    <Grid x:Name="ContentPanel" Grid.Row="1" Margin="12,0,12,0">
      <ListBox Height="192" HorizontalAlignment="Left" Margin="36,53,0,0" Name="ListBox1" VerticalAlignment="Top" Width="300" FontSize="32"> ■(2)
        <ListBoxItem Content="薬師寺国安" />
        <ListBoxItem Content="久利餡子" />
        <ListBoxItem Content="阪神寅雄" />
        <ListBoxItem Content="夏目団子" />
      </ListBox>
      <Button Content="Button" Height="80" HorizontalAlignment="Left" Margin="54,301,0,0" Name="Button1" VerticalAlignment="Top" Width="307" />
      <RadioButton Content="RadioButton" Height="80" HorizontalAlignment="Left" Margin="77,401,0,0" Name="RadioButton1" VerticalAlignment="Top" Width="284" />
      <HyperlinkButton Content="HyperlinkButton" Height="74" HorizontalAlignment="Left" Margin="36,507,0,0" Name="HyperlinkButton1" VerticalAlignment="Top" Width="284" />
    </Grid>
  </Grid>
  ~コード略~
</phone:PhoneApplicationPage>

3

図6:localという名前空間を定義する

3

図7:要素内にlocal:と入力するとインテリセンスが機能し、TiltEffect.IsTileEnabled=”True”と指定することができる

以上でTiltEffectの設定は完了です。ロジックコードは必要ありません。VS2010メニューの「デバッグ(D)/デバッグ開始(S)」と選択して実行してみてください。各コントロールをクリックするとコントロールが一瞬傾いたような効果を得られると思います。

Think IT会員限定特典
  • 「コントロールの視覚効果とパノラマページの背景画像を変える」サンプルプログラム_1

  • 「コントロールの視覚効果とパノラマページの背景画像を変える」サンプルプログラム_2

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています