PR

クラウド時代のアプリケーション配信を最適化するCitrix NetScaler

2011年8月18日(木)
的場 謙一郎

WWWとサーバーロードバランス

1990年代中盤、WWW技術を使用した情報配信の急速な拡大に伴い、1台のサーバーでは、クライアントからのリクエストを処理しきれなくなってきた。そこでまず用いられたのがDNSラウンドロビンと呼ばれる手法である。しかし、これにはいくつかの問題がある。

まず、すべてのサーバーが持つコンテンツを同一に保つ必要がある。また、クライアントは一度知ったIPアドレスを一定時間保持するため、二回目以降は同じサーバーに対するアクセスが続くことがあり、結果としてサーバーの負荷に偏りが生じる。さらに、ある物理サーバーが停止していたとしても、DNSサーバーはそれを処理する手段を持たないため、クライアントに対し停止しているサーバーを紹介する可能性があり、その場合クライアントはサーバーが応答しないという現象に遭遇する。

図1:DNSラウンドロビンでは負荷対策に十分とは言えない(クリックで拡大)

L4スイッチとL7スイッチ

初期のサーバーロードバランサーは、パケットの情報からプロトコルの種類(TCP、UDP)とアプリケーション(ポート番号)を判別し、事前に定義されたサーバーに対しパケットを転送するいわゆるレイヤー4スイッチである。これは、当時流行していた専用目的の半導体チップ(ASIC)に実装しやすく、しかも汎用のCPUとソフトウエアよりも高速に処理できた。

さて、1990年代も終盤になるとWWW技術を使用したショッピングサイト(ECサイト)が普及してくる。ここでロードバランサーは新たな問題に直面する。現実のショッピングに照らし合わせて考えてみよう。

最初の物品はAという店員に購入の意志を示し、次の物品は近くにいたBという店員に、そして支払いはレジのCという店員にお願いする。現実世界ではA、B、Cの各店員は声を掛け合うのだが、ECサイトではA、B、Cは全く独立したサーバーであり、個々に異なる情報を持つことになる。そこで、ユーザーが店内にいる間は常に同じ店員(サーバー)が、そのユーザーを担当するように紐付ける必要がある。これはパーシステンスと呼ばれる機能である。

図2:ECサイトにおけるパーシステンスの仕組み(クリックで拡大)

このような動作は、それまでのプロトコルとアプリケーションの判別だけでは不可能であり、サーバーとクライアント(Webブラウザ)間でやり取りされるURLやcookie情報までロードバランサーが認識する必要がある。またURLを識別することで、サーバーの負荷が高くなりにくい静的なコンテンツのみを提供するサーバーと、負荷が高くなりやすい動的なコンテンツを集めたサーバーを分けるといったことも可能になる。この結果、性能拡張の調整が容易になるだけでなく、個別にアップグレードやコンテンツの更新が可能になる。

この時、ロードバランサーは(必要があれば、いくつかに分割されているパケットを再構築して)HTTPリクエストという形で処理する必要がある。URLやcookieの情報は第7層のアプリケーション層に相当する。そのため、このレベルでのスイッチングを「L7スイッチング」と呼ぶ。このような動的なプログラミングはASICとして実装するには困難であるため、サーバーと同じ汎用CPUを使用することが多い。現在は一般的に「L4-7スイッチ」と呼ばれているが、処理内容は全く別物だ。L4は、プロトコルとポート番号による「ネットワーク」の世界の話であり、L7はアプリケーションやコンテンツの動作に関連する「サーバー」の世界の話だ。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 マーケティング本部 プロダクトマーケティング シニア プロダクト マーケティング マネージャー

外資系コンピュータ・メーカーにて、ネットワーク関連ハードウエアおよびソフトウエア、セキュリティ、サーバーおよびワーク・ステーションなど幅広い分野のプロダクト・マーケティングを経て、2009年10月より現職。ネットワークを中心とした、手元に情報資源を「持たない」コンピューティングを、15年以上にわたって追求中。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています