PR

機密性の高いデータをクラウドで安全に扱うために

2011年8月25日(木)
的場 謙一郎

データベーススイッチング

Web技術に基づく現在のアプリケーションにおいて欠かせない要素がデータベースである。Citrix NetScalerでは、L7スイッチングの機能を拡張し、SQL文に基づくデータベースのスイッチングをサポートしている。

下の図1を見ていただきたい。この中でデータベースは、1台の更新系サーバーと、複数台の参照系サーバーで構成されており、NetScalerがこれらを含む仮想サーバー“S”を構成している。例えば更新系の命令を含むSQLリクエスト“y”、“z”が仮想サーバー“S”に対して送られると、NetScalerはこのリクエストを更新系サーバー“X”に転送する。“X”で更新された情報はデータベースのレプリケーション機能を使用して参照系のサーバーに反映される。

一方、参照リクエスト“a”、“b”、“c”、“d”、“e”、“f”に対しては、NetScalerは複数台の参照系サーバーのいずれかにポリシーに基づいて転送する、といった動作を行う。これによって、オープンソースのデータベースと(Webアプリケーションのフロントエンドの)Webサーバーの負荷分散に使用しているNetScalerを組み合わせることで、(Webアプリケーションのバックエンドにある)データベースの水平スケールも実現できる。

図1:NetScalerを使用したデータベーススイッチング

もちろん、NetScalerはデータベースサービスのヘルスチェックだけでなく、前回説明したTCP接続多重化の仕組みを使用して接続管理をデータベースサーバーからオフロードすることで、1台の物理サーバーのCPUを最大限にデータベース管理の処理に利用でき、無計画なサーバーの増設も抑制できる。このデータベーススイッチング機能は「NetScaler DataStreamテクノロジー」と呼ばれ、本稿執筆時点ではMySQLとMicrosoft SQL ServerのSQLプロトコルに対応している。

Webアプリケーションの見える化を実現する「AppFlow」テクノロジー

前述のNetScaler DataStreamテクノロジーによるSQL命令に基づくスイッチングだけでなく、NetScalerはXML XPathやJSONに基づくスイッチングも可能である。つまりNetScalerは、現在のWebアプリケーションで使用される主な要素に基づくトラフィック管理をサポートしている。

つまり、Webサーバー、アプリケーションサーバー、データベースサーバーというすべての階層のトラフィック管理をNetScalerに集約できることになる。この特性を活かして、Webアプリケーションにおけるトラフィックの「見える化」を実現する新しいテクノロジーとして「AppFlow」を提唱している。

AppFlowは、Cisco Systems社が開発したネットワーク管理プロトコル「NetFlow」を標準化した「IPFIX(IP Flow Information eXport、RFC5101)」をL7まで拡張したプロトコルである。AppFlow自体は、オープンソースとして公開され、今後も拡張される予定である。
→参照:AppFlow.org

NetScalerはIPFIXのエクスポーター(exporter)として情報を収集し、AppFlowテンプレートに基づいて情報サードパーティが提供するコレクター(collector)に送信する。AppFlowをサポートするコレクターとしては、SolarwindsやSplunkが提供を始めている。これらのツールを使用して、クライアントの種類や、ページごとのアクセス数の傾向、あるいは応答に時間を要しているページの検出などを可視化することで、容易に分析が可能になる。

図2(上):AppFlowを使用したWebアプリの解析例/図3(下):アプリの応答速度解析例

AppFlowは、高度化、複雑化するWebアプリケーションの最適化に重要なヒントを容易に入手可能にする。これは、Webアプリケーションで使用されるあらゆるプロトコルをL7でネイティブにサポートできるNetScalerならではの機能である。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 マーケティング本部 プロダクトマーケティング シニア プロダクト マーケティング マネージャー

外資系コンピュータ・メーカーにて、ネットワーク関連ハードウエアおよびソフトウエア、セキュリティ、サーバーおよびワーク・ステーションなど幅広い分野のプロダクト・マーケティングを経て、2009年10月より現職。ネットワークを中心とした、手元に情報資源を「持たない」コンピューティングを、15年以上にわたって追求中。
 

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています