PR

サーバー仮想化最新技術Citrix XenServer 5.6

2010年6月22日(火)
北瀬 公彦

2009年8月の記事「企業の仮想化を加速するCitrix XenServer」では、主に、XenServerの無償版が備える機能を紹介しました。今回は、2010年6月15日に発表した最新版「XenServer 5.6」の有償版が備える機能を紹介します。

市場調査会社であるIDC Japanの予測では、2014年の国内仮想化サーバー市場の出荷台数は14万1878台で、2010年から2014年まで、高成長を維持します。2014年には、国内のサーバー出荷台数に占める仮想化サーバーの比率が、2009年の13.1%から11.6ポイント伸長し、24.7%にもなります。

こうした中、XenServerは、中堅中小企業からクラウド環境まで、ビジネス・ニーズに合わせたエディションを用意し、機能拡張を図っています。特に、最新版のXenServer 5.6では、非常に多くの新機能を追加しました。現在サーバー仮想化市場で最もシェアが高いVMware vSphereと同様か、それ以上の機能を提供します。

XenServer(無償)とCitrix Essentials(有償)の統合

XenServerのコア機能は、2009年4月に無償化しました。この上で、「Citrix Essentials for XenServer」という名称で、「Enterprise Edition」と「Platinum Edition」という2つのエディションにより、無償版には含まれない、高度な管理機能や自動化機能を提供してきました。

2010年6月15日からは、Citrix Essentials for XenServerの機能を統合・整備した上で、新たに下位エディション「Advanced Edition」を追加しました。これにより、無償版を運用している企業やクラウド・サービス・プロバイダが、高可用性や管理機能を、以前よりも低コストで追加できるようにしました。

XenServerの新たなエディション構成は、図1の通りです。

図1: XenServer 5.6のエディション構成(クリックで拡大)

以下では、XenServer 5.6で追加した主な新機能と強化点について、VMwareとの比較という視点で解説します。

P2V/V2Vディスク変換 (XenConvert)(無償版で提供)

さまざまなディスク形式(物理ディスク、仮想ディスク)を、XenServerのディスク形式やOVF(Open Virtualization Format)、Provisioning ServicesのvDiskなどに変換できます。サポートしているディスク形式は、図2の通りです。例えば、VMware ESXの仮想ディスク形式(VMDK)を、XenServerのディスク形式に変更できます。

図2: ディスク変換機能「XenConvert」で利用できるディスク形式

高可用性

XenServerの高可用性には、下記のような種類があります。

  1. 計画的なシャットダウン時には、XenMotionを使って、システムを稼働状態のままほかのXenServerに移動・再配置することが可能です。パッチ適用、サービス追加などのメンテナンス時にも、システムを停止させる必要がありません。 これは、VMware VMotionに相当する機能です(無償版で提供)。
  2. 仮想マシンを起動する時に、最適なXenServerを自動的に選択して起動します。また、あらかじめ決めておいたXenServerで起動させることもできます(無償版で提供)。
  3. XenServer HAを使って、ハードウエア障害の際に、別のXenServerで仮想マシンを再起動し、サービスを引き継ぐことができます。引き継ぐサーバーは、優先順位やハードウエアの状況などに応じて、柔軟に設定可能です。また、仮想マシンの起動を、下記の3段階のレベルで設定できます。これは、VMware HAに相当する機能です。
    • 必ず再起動
    • 「必ず再起動」を設定した仮想マシンが再起動した後に、可能であれば再起動
    • 再起動しない
    このXenServer HAの機能は、米Marathon Technologiesと共同で開発したもので、非常に定評がある機能です。このHAの機能を使用したいという理由で、わざわざXenServerの購入を考える顧客もいるようです。例えば、図3のXenServer#1に障害が発生した場合、XenServerで起動していた仮想マシンは、XenServer#2や#3で自動的に再起動されます。
  4. ミッション・クリティカルなシステムにおいて、多少のオーバーヘッドを犠牲にしてでも仮想システムのゼロ・ダウン・タイムを実現したい場合には、米Marathon Technologiesの「everRun VM」といった製品を組み合わせることで、フォルト・トレンランス(FT、無停止)の機能を実現することも可能です。

図3: XenServer HAによるフェール・オーバーで可用性を高める
CloudStack Day Japan 2014実行委員

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています