PR

Windows Azureでサイト公開も楽勝!?

2012年3月30日(金)
田口 一博

第1回で、使い慣れた言語や開発環境を使ったWindows Azureの使い方を紹介しました。ただ、開発者以外の人は「もう少し簡単にサイトを公開したい!」って人もいるのではないでしょうか?

実は普段開発をされていないWeb制作を担当されている人でも、テキストエディタとブラウザを使って、Windows AzureでWebサイトなどのサービスを公開することができます。今回はそんな手軽な使い方を紹介します。

Hello World からはじめてみよう

Windows AzureでWebサイトを公開するには、アプリケーションが動くために必要なファイルが全て入った.cspkgファイルと、Windows Azureやアプリケーションが使用する設定などが書かれた.cscfgファイルの2つが必要です。この2つのファイルが入ったアプリケーションのパッケージが、いくつも公開されています。

この公開されているパッケージをダウンロードし、みなさんの環境に合わせて.cscfgファイルをテキストエディタで編集するだけで準備は終わりです。あとは、ブラウザからWindows Azure管理ポータルにアクセスし、必要なものを作成してから配置(デプロイ)すればサイトが公開できます。

はじめての人は、Hello Worldを表示するだけのシンプルなWebアプリケーションと手順が公開されていますので、ぜひ体験してみてください。

サンプルアプリケーション画面
サンプルアプリケーション画面

ブログ/CMSの公開はWordPressを使って簡単に!

Hello Worldを体験することで、Windows Azureでサイトを公開する流れがわかったのではないでしょうか? 次のステップとして、オープンソースのブログ/CMSプラットフォームとして有名なWordPress日本語版のパッケージが公開されていますので、試してみてはいかがでしょう。

WordPress日本語版 on Windows Azure
WordPress日本語版 on Windows Azure

WordPress を Windows Azure で利用するには、設定方法やAzure用のプラグインについても掲載されています。データベースにSQL Azureを使用していますが、はじめての人でも迷わないように、サーバーやデータベースの作成方法も書かれています。もちろん、すべてブラウザとエディタだけを使った方法で紹介されていますので、開発環境を用意しなくても本格的なブログ/CMSサイトを簡単に構築することができます。

実際に上記サイトを見ながら、はじめて試してみましたが本当に簡単です。手順どおりにはじめから作業を行い、プラグインの設定を含めても40分くらいでできました。作業内容も多くなかったので、次はもう少し早く立ち上げることもできそうです。

実際にWindows AzureにインストールしたWordPress
実際にWindows AzureにインストールしたWordPress

ECサイトも簡単、EC-CUBEも動く

WordPress以外も見ていきましょう。日本製のECサイト「EC-CUBE」もWindows Azure用のパッケージやデモサイトが公開されています。EC-CUBEは、株式会社ロックオンが提供、オープンソースとして利用できる EC サイトです。

EC-CUBE on Windows Azure
EC-CUBE on Windows Azure
EC-Cube on Windows Azure デモサイト
EC-Cube on Windows Azure デモサイト

EC-CUBE を Windows Azure で利用するに、こちらもブラウザとエディタだけを使ってWindows Azure上に公開する方法が掲載されています。ぜひ、ECサイトの開業や運営を考えている人は、ECサイトを簡単に構築できて、アクセスや売り上げが増えても安心な Windows Azureで試してみてください。

続々登場、SNSサイト「OpenPNE」もAzureで!

ブログ/CMSサイト、ECサイトの他にも、続々とパッケージが公開されています。今年1月には、手嶋屋が中心となって開発しているオープンソースのSNS「OpenPNE」が公開されるなど、今後もWindows Azureに簡単にサイトを公開できる、いろいろなアプリケーションパッケージの登場に期待が持てます。

OpenPNEのインストール方法は、ダウンロードしたOpenPNE Windows Azure対応版の中にある「README.txt」に書かれています。こちらもWordPressと同じような手順で公開できますし、実際に試してみたところ、40分くらいでできました。

実際にWindows AzureにインストールしたOpenPNE
実際にWindows AzureにインストールしたOpenPNE

まとめ

今回は公開されているパッケージを使うことで、ブラウザとテキストエディタだけで、はじめての人でも素早く簡単にWebサイトを公開する方法を紹介しました。Windows Azure ならサーバーも含めたインフラの管理はマイクロソフトにお任せですので、安心してサイト制作に専念することができます。

もちろん、Windows Azure の無料評価版を利用することも可能ですので、ぜひ試してみてください。

Windows Azure を無償で利用するには?

最後となる次回は、開発者やウェブ制作者だけでなく、インフラ担当者にも役立つ Windows Azure の情報を紹介予定です。何か問題が発生したときにお世話になる機会が多いリモートデスクトップの説明もありますので、次回もよろしくお願いします。

Windows Azure3ヶ月無償アカウントはこちら
スカイコード株式会社

主にマイクロソフトの技術を中心としたプログラマ兼システム管理者兼コンサルタント兼雑務係として従事。Microsoft Azureで少しでもラクに楽しく生きていこうと企む毎日。基本怠け者。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています