PR

Amazon EC2を管理コンソールから操作してみよう

2013年2月15日(金)
玉川 竜司

Management Console

前回の記事では、AWSの歴史や概要を見ました。今回からは、AWSのそれぞれのサービスを紹介していきましょう。AWSのアカウントをまだ持っていない人は、新たに取得して、これから説明する管理コンソールを見ながら読んでいただけると分かりやすいでしょう。
→ Amazon Web Services

AWSを操作する方法は、大きく分けて2つあります。1つは管理コンソールを使ってWebブラウザから操作する方法で、もう1つはAPIやSDKを使ってプログラムから操作する方法です。実際のシステムの構築や運用では後者が重要になってきますが、最初の入り口は前者の方がなじみやすいでしょう。

管理コンソールには、http://aws.amazon.com/jp/の右上にあるドロップダウンリストからログインします。ちなみにこのドロップダウンリストからは課金情報のページにも行くことができます。

管理コンソールは、このようになっています。

図1:Amazon EC2の管理コンソール(クリックで拡大)

左上にあるドロップダウンリストからは、AWSの各種サービスの管理画面に飛ぶことができます。ここでは、自分がよく使うサービスへ飛ぶボタンを登録して、使いやすいようにコンソールをカスタマイズすることもできます。まずは、EC2のボタンを追加しておきましょう。

EC2の概要

さあ、それではEC2について見ていくことにしましょう。

一言で言えば、EC2は仮想マシンを時間単位で貸してくれるサービスです。主にLinuxやWindowsをOSとして、AWSのデータセンター内に仮想マシンを立ち上げ、インターネット経由でLinuxならSSH、Windowsならリモートデスクトップで接続し、ローカルのマシンと同様に使うことができます。

管理コンソールのEC2の画面でリージョンを選択し、Launchボタンをクリックすれば、EC2インスタンスを立ち上げるためのウィザードが開きます。このウィザードに沿って手順を踏んでいけば、数分もかからずに仮想サーバーが使えるようになるわけです。

図2:EC2のLaunch(クリックで拡大)

この手順の中で設定できる項目は多岐にわたります。その中でも特に重要な項目を、この後紹介していきましょう。

  • 起動ドライブのイメージの「AMI」
  • EC2インスタンスのネットワーク接続を制御する「セキュリティグループ」
  • EC2インスタンスの場所を制御する「アベイラビリティゾーン」と「リージョン」
Sky株式会社

Sky株式会社にて自社商品の開発を担当する傍ら、新しい技術を日本の技術者に紹介することに情熱を傾けており、その手段として翻訳などに取り組んでいる。飼い猫6匹。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています