PR
連載 :
  

Windows XPのサポート終了に伴う、IE6対応アプリケーションのクロスブラウザ対応事例

2013年9月13日(金)
崔 彰桓(チェ チャンファン)吉政 忠志

WIndows XPのサポート終了が示すこと

InternetExplorer 6.x(以下IE6)で動作するアプリケーションはこれまで多く開発され、Windows XPのサポート切れまで1年を切る現在でも、まだ3割以上のアプリケーションが上位アップグレードの対応が決まっていないと言われています。

良く行われる提案が、システムのサービスインから数年が経過し、ハードウェアのリース切れのタイミングでリプレイスすることだと思うのですが、作り直すことで機能改善も見込める反面、コストがかかります。それよりも、システム担当の方の負担が大きいことも無視できないですよね。せっかく数年前に苦労して稼働させたシステムを「もうさわりたくない」というのが本音だと思います。

そうはいっても、来年4月のWindows XPのサポート終了に伴う、IE6ブラウザのサポート切れというタイムリミットが迫る中、リプレイスの必要に迫られているのも事実だと思います。手間やコストをできるだけかけずに、どうにかする方法はないのでしょうか。

今回のコラムでは、連載「Business UXという考え方」でも紹介している、「XPLATFORM」を使って、タイミングよくサーバー側のアプリケーションを改修せずに低コスト、短納期でIE6対応アプリケーションをクロスブラウザ(IE6〜10、Chrome、Firefoxなど)に対応させた事例をご紹介します。

サーバーソフトウェアの改修なしで実現しているので、手間をかかずに機能改善とクロスブラウザを実現しています。さらに、今回の事例では利用者から改善要求を頂いた画面周りの改善も行っています。実際の工数も紹介していますので、是非参考にしてください。

サーバーアプリケーションをそのままにシステム改修を行う

現状のシステム構成図は下記です。

改修前の構成(クリックで拡大)

この構成はどこでもある、ブラウザとアプリケーションサーバー+DBによるWebアプリケーションシステムになります。この構成から、XPLATFORMを活用してサーバーアプリケーションを変更せずに改修しています。

改修後の構成は以下になります。

改修後の構成(クリックで拡大)

まず、Windows環境用のクライアントとHTML5版のクライアントにAndroid/iOS環境用のクライアントをワンソースで開発しています。そして、XPLATFORMのクライアントからアプリケーションサーバーに対してX-APIを用いて通信を行っています。それ以外のサーバー側の改修は一切行っていません。

XPLATFORMは、以下の図に示すように、標準機能としてWindows上でランタイムで稼働するRuntime版と各種主要ブラウザに対応しているHTML版、そしてスマートフォン上で動作するハイブリッド版を提供しています。

これらのクライアントプラットフォームで動作するクライアントアプリケーションを、ワンソースでクロスプラットフォーム開発します。

さらに、それぞれの使用環境に合わせた画面をMLM(Multi Layout Manager)というツールを活用し、ノンコーディングで画面を作ることができます。

XPLATFORMが提供する機能(クリックで拡大)

XPLATFORMを活用することにより、サーバー側のアプリケーションを改修せずに、画面レイアウトをWindowsPC、ブラウザ、スマートフォンに簡単に対応することができます。

著者
崔 彰桓(チェ チャンファン)
株式会社トゥービーソフトジャパン 取締役COO

03年、韓国外国語大学を卒業し、韓国貿易ITアカデミーのエンベデット課程を卒業。大学時代からプログラミングが好きで、大学に通いながらシステム開発のアルバイトをしていた。卒業後の04年、教保情報システムズの日本法人に入社。06年にトゥービーソフト(韓国)に入社し、08年からトゥービーソフト東京支社長を経て、現在はトゥービーソフトジャパンのCOO(最高執行責任者)として同社の日本市場における営業全般を総括している。

吉政創成株式会社 代表取締役

IT業界のマーケティング分野で20年近い経験を持つマーケッター。株式会社トゥービーソフトジャパンをはじめとするベンチャー企業から大手企業まで幅広くマーケティング支援を行う。現在はマーケティングアウトソーシング会社である吉政創成株式会社の代表取締役を務めつつ、PHP技術者認定機構 理事長、Rails技術者認定試験運営委員会 委員長、ビジネスOSSコンソーシアム・ジャパン 理事長も兼任。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Windows XPのサポート終了に伴う、IE6対応アプリケーションのクロスブラウザ対応事例 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。