PR

ネットワーク層の機能(後編) ―IPアドレスとルーティングプロトコル―

2014年12月22日(月)

ルーティングプロトコル

ルーティングプロセスをホストとルータの両方で機能させるためには、それぞれがTCP/IPインターネットワークに関する情報を知っている必要があります。ホストがリモートの宛先にパケットを送信するためには、デフォルトルータのIPアドレスを知っている必要があります。これに対し、ルータがすべてのIPネットワークまたはIPサブネットにパケットを転送する方法を理解するためには、ルート(経路)を知っている必要があります。

ネットワークエンジニアがルータごとに必要なルートを手入力で設定するという方法もありますが、ほとんどの場合は、すべてのルータでルーティングプロトコルを有効にするだけです。TCP/IPインターネットワーク上のすべてのルータで同じルーティングプロトコルを有効にする場合は、設定が正しければ、ルータがルーティングプロトコルメッセージを互いにやり取りするようになります。結果として、すべてのルータがTCP/IPインターネットワーク上のすべてのIPネットワークとIPサブネットへのルートを学習するようになります。

図2の例は、前回の記事の2つの図と同じ図に基づいています。この場合、IPネットワーク168.1.0.0は、168.1で始まるすべてのアドレスで構成されており、図2の一番下にあるイーサネットに属しています。このことを知っているR3は、ステップ1で、ルーティングプロトコルメッセージをR2へ送信します。結果として、R2がIPネットワーク168.1.0.0のルートを学習します(図2の左の図)。ステップ2で、R2が方向を切り替え、ルーティングプロトコルメッセージをR1へ送信し、結果としてR1が同じIPネットワーク168.1.0.0のルートを学習します。

ネットワークとサブネットについてアドバタイズするルーティングプロトコルの例

図2:ネットワークとサブネットについてアドバタイズするルーティングプロトコルの例

TCP/IPモデルのネットワーク層の大まかな仕組みについては以上です。

この記事のもとになった書籍
APIデザインの極意 Java/NetBeansアーキテクト探究ノート

Wendell Odom 著/株式会社クイープ 訳
価格:4,400円+税
発売日:2014年03月05日発売
ISBN:978-4-8443-3553-5
発行:インプレスジャパン

シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J

本書は、シスコ技術者認定のうち、CCENT/CCNAの認定を目指す人のための公式ガイドブックです。2013年に改訂されたICND1の試験内容に対応しています。新ICND1は、旧ICND1からトピックの削除と追加が行われています。ICND1の合格により、CCENT認定を受ければ、CCNA認定への最初のステップをクリアしたことになります。本書を携えつつCiscoプロフェッショナル認定試験突破に向けて大きな一歩を踏み出しましょう。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています