PR

Google Compute Engineで仮想マシンを作る

2015年1月30日(金)
出張 純也(でばり じゅんや)

はじめに:Google Cloud Platformとは

「Google Cloud Platform」(以下、GCP)とは、Google社が提供するIaaS(Infrastructure as a Service)です。GCPを使うと、Googleが利用しているものと同一のインフラ上で、Webサイトのホスティングやアプリケーションのデプロイ、データの保存、分析などが行えます。同種のサービスとしてはAmazon Web Services(以下、AWS)や、IBMのSoftLayer、MicrosoftのAzureなどが挙げられます。

Google Cloud Platformの特徴は、「プロジェクト」という単位で横断的にGoogle Cloud Platformの他サービスを利用できることにあります。同じプロジェクトの中で、Googleの各種サービスとの連携ができるのです。例えばデータベースでは、SQLを利用できるCloud SQLプラットフォームだけではなく、大規模データ分析プラットフォームであるBigQueryや、NoSQLプラットフォームであるGoogle Cloud Datastoreなども提供されています。データ保存のためのストレージとしてはGoogle Cloud Storageが提供されています。またGCPは、WebインターフェースのDeveloper Consoleだけでなく、コマンドラインやREST APIによる操作に対応していることも大きな特徴です。

2014年11月には、GoogleからGoogle Container Engineが発表され、時期を同じくしてAmazonによりAmazon EC2 Container Serviceが発表されるなど、各社で競うように新しいサービスが発表されています。値段についても競うように値下げが行われており、今後の飛躍が期待される分野です。

GCPを始めよう

Google Cloud Platformを始めるには、まずCloud Developer Consoleにサインインする必要があります。サインインのためには、当然ながらGoogleのアカウントが必要となります。

サインインしたら、まずプロジェクトを作成します。プロジェクトには名前とIDを設定します。プロジェクト名は何を設定しても大丈夫ですが、プロジェクトIDはGCP全体でユニークである必要があります。プロジェクトを新規作成する際には、自動でユニークなプロジェクトIDが割り当てられていますが、自分で新しくプロジェクトIDを設定することも可能です。

立ち上げたプロジェクトのコンソールから、Compute EngineやApp Engine、Cloud SQL、Big Queryなどの各種サービスを起動できるようになります。

なお、プロジェクト自体は無料で始められますが、課金(ドル建て)が必要なサービスを利用する際には、クレジットカードを登録する必要があります。なお、本記事のメインスコープであるGoogle Compute Engineの利用には、課金が必要です。GCPには、課金アカウントという仕組みが導入されています。ユーザは複数の課金アカウントを持てるようになっており、プロジェクトごとに課金アカウントを設定します。

またGCPには、無料の試用枠が用意されています。2014年12月現在、利用可能枠は60日間300ドルまでとなっています。無料試用枠を利用するためには、クレジットカード情報の登録が必要です。

では実際に、プロジェクトの作成から始めてみましょう。プロジェクト名はわかりやすく、「sample-project」とします。プロジェクトIDは自動で割り振られたユニークなものをそのまま利用します。

GCP上でプロジェクトを作成する。

図1:GCP上でプロジェクトを作成する。

次に、無料利用枠を入手します。画面右上の「無料試用に登録」から登録を開始します。

GCPの無料の試用枠を使う

図2:GCPの無料の試用枠を使う

登録が終わったら、さっそくGCEを始めましょう。無料試用期間の残り料金、および残り時間はコンソール右上にわかりやすく表示されています(図3)。これで、GCP利用の準備が整いました。

無料試用枠を設定し、GCP利用の準備が整った

図3:無料試用枠を設定し、GCP利用の準備が整った

著者
出張 純也(でばり じゅんや)
株式会社ゴーガ エンジニア
大阪大学大学院情報科学研究科博士後期課程修了。博士(情報科学)。大学院ではソフトウェア開発におけるプロジェクト進行データをマイニングしてプロジェクト管理に役立てる研究に従事する。研究で得た多くのことを活かすべくゴーガに入社。日本酒が好きで、日本酒好き仲間を増やすべく勉強中。実は表千家茶通箱の免状を持っている。情報処理学会会員。O型のさそり座。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています