PR

GCPのデータベースサービス Cloud SQL

2015年9月2日(水)
向井 哲也

Cloud SQLとは

Google Cloud SQLは、GCP(Google Cloud Platform)上で動作するMySQLデータベースです。MySQLのバージョンは5.5または5.6がサポートされておりますが、2015年5月時点では、バージョン5.6はベータ版扱いとなっています。

Cloud SQLには以下のような特徴があります。

  • 99.95%の月間稼働率を保証(下回った場合には補償を受けることが可能)
  • データは標準で複数の場所に複製されるようになっており、自動的にフェイルオーバーが行われる
  • データはGoogleのネットワークに入りストレージ格納される時点で、暗号化される
  • 毎日決まった時間(ユーザにより設定可能)に自動でバックアップする機能がある
  • 一般的なMySQLクライアントに加え、Google App Engineからも使用可能
  • インスタンスの作成は、Webインターフェースとコマンドラインの2通りの方法で行える
  • SUPER権限はサポートされないが、ユーザには全ての権限が付与されており、CREATE USERを利用して別のユーザを作成することも可能
  • Google Cloud Storageからのデータのインポート、およびGCSへのエクスポート機能を備える

WebインターフェースでCloud SQLを始める

まずは、WebインターフェースからCloud SQLを利用する方法を紹介します。本記事では、Cloud SQLインスタンスの作成、データベースユーザの作成、そしてMySQLクライアントから接続するところまでを紹介します。

Google Developers Consoleを開き、使用するプロジェクトのサイドバーから「ストレージ > Cloud SQL」を選択し、「インスタンスを作成する」をクリックします(図1)。

クリック後に表示される画面(図2)で、インスタンス名やインスタンスを置く地域、タイプを選択します。インスタンス名はプロジェクト内でユニークであれば問題ありません。ここでは、インスタンス名をgcp-mukai-webとして、アジア地域にD0インスタンスを作成することにします。さらに「詳細設定を表示」をクリックして、起動するインスタンスのより詳細な設定を行いましょう(図3)。

詳細設定では、MySQLのバージョンや課金の方法、バックアップオプション、接続可能なIPアドレスなどを設定可能です。ほとんどの項目は、インスタンス作成後でも設定可能ですが、MySQLのバージョンだけはあとで変更できないため、インスタンス作成時に設定する必要があります。

ここでは、IPv4アドレスの割り当てと、接続を許可するIPアドレスの追加を行うことにします。Cloud SQLでは、IPv6アドレスは自動かつ無料で割り振られるようになっていますが、IPv4アドレスは自動では割り振られません。必要に応じて「IPv4 アドレスを Cloud SQL インスタンスに割り当てる」にチェックを入れます。

外部からCloud SQLに接続する場合は、接続を許可するIPアドレスを設定する必要があります。「許可されているネットワーク」の下の+マークをクリックし、ネットワークの情報を入力します。入力する情報はネットワーク名とIPアドレスです。ネットワーク名は省略可能です。IPアドレスはCIDRで入力します。

ここまで入力が済んだら、「作成」をクリックします。

これで、インスタンスが作成されました。この時点でCloud SQLは、MySQLのセットアップが完了しており、 root ユーザが登録されている状態になっています。

次に、作成したインスタンスIDをクリックして、インスタンスのコンソール画面に移動します。正式にはこの画面に名前はありませんが、便宜上「コンソール画面」と呼ぶことにします。このコンソール画面には、IPアドレスやデータベースのバージョンなど様々な情報が表示されます。バックアップからの復元や、アクセス制御などもこのコンソール画面から実行します。

MySQLに接続するためのユーザを作成します。インスタンスIDの下に表示されているメニューから「アクセス制御 > ユーザ」をクリックして、インスタンスのユーザ一覧画面をクリックし、「新しいユーザー」をクリックします(図8)。

まず開いたダイアログに、ユーザ名とパスワードを入力します。「詳細設定を表示」リンクをクリックするとユーザのホストを指定することが可能ですが、ここではホストは指定せずに「追加」をクリックします。

これで、MySQLに接続する準備が整いました。早速クライアントから接続してみましょう。

$ mysql –host=<割り当てられたIPv4アドレス> --user=<作成したユーザ名> --password

パスワードを入力して、MySQLクライアントが立ち上がれば接続完了です。

株式会社ゴーガ

東京都稲城市出身、在住。2002年、カナダのバンクーバーへ渡り、英語とウェブ開発を学んだ後、現地で就職。約5年間をカナダで過ごす。帰国後、某大手ポータルサイトのシステム開発業務を経てゴーガに入社。現在は主にGoogle Cloud Platformでの開発を担当。認定試験Google App Engine Qualified Developer取得。仕事の傍ら稲城市消防団に所属し、地元地域の安全維持に貢献。B型のうお座。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています