PR

コード化でDevOpsを支えるHashiCorpのツールと開発背景

2015年3月5日(木)
前佛 雅人(ぜんぶつ まさひと)

HashiCorpとは?

「HashiCorp」という名前を知らなくても、Vagrantというツールの名前なら聞いたことがある、もしくはすでにお使いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。Vagrantは仮想化された開発環境を簡単に立ちあげられるため、開発者サイドにとってはおなじみのツールです。このVagrantを開発したMitchell Hashimoto氏が創業した会社の名前がHashiCorpです。

HashiCorpが提供するツールは、開発者向けのものだけでなく、運用担当者向けのものもあります。連載初回の今回は、HashiCorpとは何であり、どのようなツールを、どのような考えで提供しているのかを紹介します。

HashiCorpの沿革

きっかけはVagrantの開発がスタート地点でした。Mitchell Hashimoto氏が2010年にVagrantバージョン0.1をリリースした後、2012年にVagrantをはじめとしたソフトウェアをサポートするための会社をArmon Dadgar氏と設立しました。設立の目的は、アプリケーションの開発・デプロイ・運用に至るデータセンター管理に、革命をもたらすことです。その後、2013年にPackerとSerf、2014年にVagrant CloudやConsul、Terraformと、開発から運用まで使えるツール群を立て続けに発表しました。そして2014年末には、これまでに発表したツールを包括する新サービスATLASの発表を行っています。

HashiCorpは、どのような考えでツールを提供しているのでしょうか。同社の紹介サイトによると、「技術のギャップを埋めるためのツールを提供したい」と書かれています。昨今のサービスやアプリケーションの環境は、物理だけ、クラウドだけ、コンテナだけではなく、複数のものから構成されています。他にもIaaS、PaaS、SaaSのような基盤も複数あり、さらにLinuxやMac OS X、Windowsといった複数のOS環境の組みあわせから構成されています。これらの間に存在するギャップを埋めるためのもの、HashiCorpはそれらを提供したいと考えています。

HashiCorpのツールの特徴として、これらが全てオープンソースとして提供されていることが挙げられます。それだけでなく、GitHubを用いたオープンな開発体制をとっています。問題や改善点があればGitHubでリクエストを随時受け付けてられており、有用な提案については機能として取り込まれることもあります。Go言語で記述されたコードやライブラリはGitHubで全て公開されていますので、自由に使うことができます。また実行バイナリもLinuxやMac OS X向けだけでなく、Windows向けも提供されています。

開発から運用まで支えるツール群

現在、HashiCorpからは5つのツール群が提供されています。以下では、それぞれの概要と役割を紹介します。

Vagrant

Vagrantは、仮想環境上に自動的にOSやアプリケーションの実行環境を整えます。設定ファイルを使うことで、特定のアプリケーションやミドルウェアのセットアップも自動的に行えます。「vagrant up」とコマンドを実行するだけで、環境が使えるようになります。それだけでなく、その設定ファイルを使えば、他の環境でも同様の実行環境を得られます。このVagrantは、HashiCorp創設者のMitchell氏による最初のツールです。

Packer

Packerは、複数の仮想化環境・クラウド環境に対応した仮想マシン・イメージを作成、起動するためのツールです。それぞれの環境に合わせてマシン・イメージを迅速に自動生成するため、複数の環境に対応したイメージを用意する手間が省けます。AWSのAMI(マシン・イメージ)だけでなく、VMwareやOracle VM VirtualBoxの形式にも対応しています。

Terraform

Terraformは、クラウド環境上のインフラ構築や設定を、コードを使って自動化するためのツールです。あらかじめ設定ファイル上で、インフラのあるべき状態を定義します。そうすることで、複数台で構成されるアプリケーションの実行基盤もコマンドを用いて簡単に作成・変更・削除できます。AWSやGoogle Cloud、DigitalOcean等のクラウドに対応していますが、それ以外のクラウド環境への対応も進んでいます。また、活発な機能改善も行われています。

Serf

Serfは、複数のサーバで構成されるクラスタの情報を管理し、クラスタを構成するサーバ上で同じコマンドを一斉に実行するためのツールです。各サーバでSerfを動作させ、お互いに通信を行ってクラスタを構成します。このクラスタの参加・離脱や任意のタイミングでコマンドを実行できるほか、ホスト名やIPアドレス等を環境変数で取得し、ミドルウェアや監視ツールの設定を、クラスタ構成にあわせ自動的に変更できます。

Consul

Consulは、サービスの検出(service discovery)やサービスに対する監視を行い、状況を知るだけでなく、状況変化に応じて任意のコマンドを実行できるツールです。Serfを基盤としていますが、可用性を高めるために複数台でサーバを構成します。キー・バリュー・ストアの機能、HTTPのRESTインターフェースや、DNSインターフェース機能を持ちます。システムが稼働した後の運用時、異常検出や自動復旧を行いたい時に役立ちます。

著者
前佛 雅人(ぜんぶつ まさひと)
クリエーションライン株式会社

Technology Evangelist
ホスティングサービスで運用保守サポートに携わった後、現職へ。サポート業務や新技術検証や開発業務を行う傍ら、実家で農作業のため東京と富山を往復する日々。趣味で監視や自動化に関するOSS検証や翻訳を行う。とりわけ運用・監視の省力化・最適化に興味。辛口の日本酒が大好き。
Twitter: @zembutsu (https://twitter.com/zembutsu)

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています