PR

JBoss Fuseを使ってみる その1:インストール編

2015年4月7日(火)
知久 裕之(ちく ひろゆき)

はじめに

本連載では、これまでJBoss Fuseによるシステム連携の考え方や、機能概要を紹介してきました。連載3回目は、JBoss Fuseのインストール手順について解説します。簡単な手順ですので、次回以降のチュートリアルでも利用するFuse環境を、一緒に構築していきましょう。

インストールを始める前に、まずは全体の流れを確認しておきます。

  1. 事前準備(JDK及びApache Mavenのセットアップ)
  2. JBoss Fuseのインストール
  3. JBoss Developer Studioのインストール
  4. サンプルアプリケーションを用いた動作確認
ソフトウェア構成とインストール作業の大まかな流れ

図1:ソフトウェア構成とインストール作業の大まかな流れ

事前準備

JDKのインストール

JDK(Open JDK、Oracle JDK、IBM JDKのいずれか)1.7の最新のものをインストールし、環境変数(JAVA_HOME、PATH)を設定します。その際、JDKのインストールパスにスペースが入らないようご注意下さい。またWindows環境では、環境変数の設定をシステムのプロパティの詳細設定にて行います。

リスト1:

$ export JAVA_HOME=<JDKのインストールディレクトリ>
$ export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH

Mavenのインストール

JBoss Fuseは、Apache Mavenを利用してビルドします。下記の取得ページよりバイナリファイルをダウンロードし、任意の場所に解凍します。その後、環境変数(H2_HOME、PATH)を下記のように設定します。

Apache Mavenのダウンロードページ

http://maven.apache.org/download.html

  • バイナリファイル:Maven 3.2.5(Binary zip)(apache-maven-3.2.5-bin.zip)

リスト2:

$ export H2_HOME=<mavenのインストールディレクトリ>
$ export PATH=$H2_HOME/bin:$PATH

これで、Apache Mavenのインストールが完了しました。

Mavenの設定ファイル(settings.xml)の作成と修正

JBoss FuseのMavenリポジトリから、依存ライブラリやアーティファクトを取得するための事前設定を行います。

リスト3のように、<ユーザーホーム>/.m2/settings.xml にJBoss FuseのMavenリポジトリにアクセスするための情報を記述します。Mavenを初めて利用する場合には、この.m2ディレクトリ(WindowsではC:\Users\<ユーザー名>\.m2)は存在しません。mvnコマンドを引数なしで実行すると、コマンド自体はエラーとなりますが、空のディレクトリが作成されるので、その配下にsettings.xmlファイルを新規作成し、リスト1の内容をコピー&ペーストして下さい。すでにMavenを利用している場合は、既存のsettings.xmlファイルにリスト1のの部分を追記します。

リスト3:Mavenの設定ファイルの記述例

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<settings>
  <profiles>
    <profile>
      <id>fuse</id>
      <activation>
        <activeByDefault>true</activeByDefault>
      </activation>
      <repositories>
        <repository>
          <id>fusesource</id>
          <url>http://repo.fusesource.com/nexus/content/groups/public/</url>
          <snapshots>
            <enabled>false</enabled>
          </snapshots>
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
        </repository>
        <repository>
          <id>fusesource.snapshot</id>
          <url>http://repo.fusesource.com/nexus/content/groups/public-snapshots/</url>
          <snapshots>
            <enabled>true</enabled>
          </snapshots>
          <releases>
            <enabled>false</enabled>
          </releases>
        </repository>
          <repository>
          <id>apache-public</id>
          <url>https://repository.apache.org/content/groups/public/</url>
          <snapshots>
            <enabled>true</enabled>
          </snapshots>
          <releases>
            <enabled>true</enabled>
          </releases>
        </repository>
      </repositories>
    </profile>
  </profiles>
</settings>

JBoss Fuseのインストール

Fuseのインストールは、基本的にダウンロードしたZIPファイルを解凍するだけです。

JBoss Fuseのダウンロード

jboss.orgダウンロードページから入手できます。アカウントを作成し、以下のリンクからJBoss Fuse 6.1.0をダウンロード下さい。

JBoss Fuse 6.1.0 ダウンロードリンク

https://www.jboss.org/download-manager/file/jboss-fuse-6.1.0.GA-full_zip.zip

Fuseのインストール

ZIPファイルを解凍します。解凍先のディレクトリパスには、スペースや特殊な文字(#、%、^、") が入らないようご注意下さい。

管理ユーザーの有効化

管理コンソールに接続するための設定を行います。<Fuseのインストールディレクトリ>/etc/users.propertiesを編集します。以下の例のように「#」を削除して、デフォルトで無効となっているadminユーザーを有効化します(当該行は1つ目のadminがユーザー名、2つ目がパスワード、3つ目がロールを意味します)。

リスト4:設定前

#admin=admin,admin

リスト5:設定後

admin=admin,admin

Fuseの起動

ターミナルまたはコマンドプロンプトを開き、<Fuseのインストールディレクトリ>/binに移動し、起動コマンドfuse(Windowsの場合はfuse.bat)を呼び出してFuseを起動します。

リスト6:

$ cd <Fuseのインストールディレクトリ>/bin
$ ./fuse

 JBoss Fuseを起動すると、シェルコンソール画面が開きます。

JBoss Fuseの起動画面

図2:JBoss Fuseの起動画面

JBoss Fuseは基盤となるコンテナとして、OSGiベースの実行環境であるApache Karafを利用します。Karafのシェルコンソール上で、 アプリケーションをデプロイするためのシェルコマンドなどの管理サービスが提供されます。試しに、osgi:listコマンドで、KarafにインストールされたCamel関連のバンドルを表示してみましょう。

リスト7:

JBossFuse:karaf@root> osgi:list | grep camel

JBoss Developer Studioのインストール

ダウンロード

以下のjboss.orgダウンロードリンクより、JBoss Developer Studio(以後、JBDS)のバージョン7.1.1をダウンロードします(8.1.0GAもありますが、今回は7.1.1をダウンロードします)。

JBoss Developer Studio 7.1.1ダウンロードリンク

https://www.jboss.org/download-manager/file/jboss-devstudio-7.1.1.GA-standalone_universal-standalone_jar.jar

インストール

JBDSのインストーラを起動し、ウィザードに従ってインストールを行います。

リスト8:

$ java -jar jboss-devstudio-7.1.1.GA-standalone_universal-standalone_jar.jar

Fuse関連のプラグインの追加

JBDSのインストール後に、JBoss Fuse用のプラグインを追加します。まずJBDSを起動し、JBoss Central画面の下方にある Software/Update タブを選択し、「JBoss Integration and SOA Development」をチェックして Installボタンを押します。

JBoss Developer Studioのインストール

図3:JBoss Developer Studioのインストール

以下のFuse関連の3つのプラグインをチェックして、インストールを行います。

  • JBoss Fuse Camel Editor Feature
  • JBoss Fuse Runtimes Feature
  • JBoss Fuse Server Extension Feature
インストールするプラグインを選択

図4:インストールするプラグインを選択

著者
知久 裕之(ちく ひろゆき)
レッドハット株式会社

サービス事業統括本部 ソリューション・アーキテクト部 ソリューションアーキテクト
日本オラクルにてERP、データベース、ミドルウェアなどのプリセールスエンジニアとしてITに携わる。OSSの将来性に惹かれ、現在は JBoss製品群のプリセールスに従事。ランニングなど体を鍛えることを始めました。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています