PR

JBoss Fuseを使い倒す 〜その1:環境構築編〜

2015年7月6日(月)
フェン ジン

はじめに

今回は、JBoss Fuseを本格的に導入することを想定し、3つのシステム構成パターンによる、高可用性、負荷分散、集中管理の対応方法を説明します。

最初に、中小規模の導入によく見られる「ホットスタンバイ構成」と「負荷分散とホットスタンバイ構成」を紹介し、その後「大規模な負荷分散とホットスタンバイ構成」による大規模構成を紹介します。

ホットスタンバイ構成

この構成は高可用性を実現するため、Fuse全体を対象にしたホットスタンバイのシステム構成になります。まずは、サーバー1台でのホットスタンバイ構成例を以下に示します。

ホットスタンバイ(サーバー1台)の構成例

図1:ホットスタンバイ(サーバー1台)の構成例

同一の連携サービスを設定したFuseサーバーインスタンスを2個(Master系/Slave系)用意しておき、最初に起動されるサーバーインスタンスが「ロック」を取得し、Master系として稼働します。Master系のサーバーインスタンスが使用不可となった場合、Slave系のサーバーインスタンスがロックを取得し、自動的にMaster系に切り替わって連携サービスの提供を継続させる構成です。

FuseのMaster/Slaveの切り替えに利用される「ロック」は、Fileロック、JDBCロックから選択できます。一般的に、同一物理サーバー上にMaster/Slaveを構成する場合はFileロックを利用し、異なるサーバー上の場合はJDBCロックを採用することになります。

下記の図2は、JDBCロックを採用したサーバー2台での構成例です。

ホットスタンバイ(サーバー2台)の構成例

図2:ホットスタンバイ(サーバー2台)の構成例

ホットスタンバイの利点

Slave系のOS及びFuseのコアコンポーネントが起動して待機するため、コールドスタンバイ構成よりもサービスの停止時間が短くて済みます。

ホットスタンバイの欠点

メッセージキューが共有されていないため、障害発生時にキューに滞留したメッセージをSlave系に引き継ぐことができません。またSlave系が待機状態のため、サーバーリソースの無駄が発生します。

負荷分散とホットスタンバイ構成

この構成は、Fuseのサーバーインスタンスを連携サービス(CXF、Camel)とメッセージングシステム(JBoss A-MQ、以下A-MQ)の役割で分割し、負荷分散とホットスタンバイを併用したシステム構成になります(図3)。

負荷分散とホットスタンバイの構成例

図3:負荷分散とホットスタンバイの構成例

同一の連携サービスを配置したFuseサーバーインスタンスを、複数同時起動します。また、共有のデータストアを利用するA-MQサーバーを複数用意し、最初に起動されるA-MQサーバーインスタンスが「ロック」を取得し、A-MQのMaster系として稼働します。Master系のサーバーインスタンスが使用不可になった場合、Slave系のサーバーインスタンスがロックを取得し、自動的にMaster系に昇格し、メッセージキューの滞留メッセージを継続処理させる構成です。

A-MQのMaster/Slave切り替え時には、メッセージキューの引き継ぎが必要となるため、データストアを共有しなければなりません。A-MQでは、データストアの共有方式は、共有ファイルシステムと共有データベースの2種類が提供されています。一般的に、構築の容易さと性能上の考慮から、共有ファイルシステムが採用されるケースが多いです。

「負荷分散とホットスタンバイ」の利点

Slave系A-MQが起動して待機するため、前述の「ホットスタンバイ構成」より、サービスの停止時間が短縮されます。また障害発生時にメッセージキューの滞留メッセージが継続処理され、処理順序も保証されます。

「負荷分散とホットスタンバイ」の欠点

スケールアウトの際のサーバーインスタンスの増設に伴い、環境構築、設定変更が初期導入時と同じ作業量が必要になるため、急な処理増加に対応できません。また可用性は「ホットスタンバイ構成」に比べて向上しますが、大規模な連携基盤として採用する場合、サーバーインスタンスの数が増えるほど、運用の複雑さから、保守コストが増えてしまいます。

レッドハット株式会社

JBossサービス事業部 JBossシニアコンサルタント
日本シービヨンド、日本ウェブメソッド、SAPジャパンにて、インテグレーションとメッセージング技術を中心に、EAI/ESB/SOA/BPM基盤構築、標準化のコンサルティングを経て、2013年にレッドハットに入社。現在は、インテグレーション系、クラウド系製品のコンサルティングサービスに従事。正義に基づき、シンプルで効率良いライフスタイルを求め、日々の時間を大切にしている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています