PR

lighttpdを知っていますか?

2008年8月7日(木)
並河 祐貴

Apacheとlighttpdのインストールを比較する

 Apacheとlighttpdのインストール方法については、パッケージ管理システムなどを使ったインストール、ソースからコンパイルしてインストール、Windows上でGUIのインストーラを使ってインストールするなど、いくつかパターンが存在しますが、今回はそれぞれについて導入方法を比較していきます。

 まずパッケージ管理システムの「yum」や「APT」を利用する場合について見てみましょう。

 パッケージ管理システムを用いたApacheやlighttpdのインストールは非常に簡単です。RedHat系のOS(FedoraやCentOSなど)はyum(Yellow dog Updater, Modified)、Debian系のOS(UbuntuやKNOPPIX)ではAPT(the Advanced Packaging Tool)を使います。

 Apacheでyumを使う場合、以下のコマンドを実行します。

# yum install httpd

 APTを使う場合、以下のコマンドを実行します。

# apt-get install apache2

 lighttpdでyumを使う場合、以下のコマンドを実行します。

# yum install lighttpd

 APTを使う場合、以下のコマンドを実行します。

# apt-get install lighttpd

 上記の通り、パッケージ管理システムを使う場合は、インストール自体は両ソフトウエアともコマンド1つ実行するだけで完了します。違いは全くありません。

 次に、ソースからコンパイルしてインストールする方法はどうでしょうか。この方法は、利用するプラットホームによって、バイナリが入手できなかったり、必要なモジュールだけ組み込んだ形でWebサーバーを利用したい場合などに便利です。

 Apacheの場合は以下のコマンドを実行します。

# ./configure [オプション]
# make
# make install

 lighttpdの場合は以下のコマンドを実行します。

# ./configure [オプション]
# make
# make install

 こちらもインストール方法について、ほとんど違いはありません。[オプション]の部分は、利用するモジュールを有効・無効にしたり、インストール場所やライブラリ場所などを指定します。

 ただし、両ソフトウエアともに、利用するモジュール・機能によっては、あらかじめライブラリが必要となる場合があります。特にlighttpdでは、正規表現のライブラリである「PCRE(Perl Compatible Regular Expressions)」やzipの圧縮ライブラリである「zlib」などをあらかじめインストールすることが推奨されています。

Windows編のGUIインストーラを利用する

 図3に示すようにWindows環境については、両ソフトウエアともGUIのインストーラが提供されています。

 Apacheの場合は、Apacheの公式サイト(http://httpd.apache.org/download.cgi)より、Windowsバイナリ用のインストーラ(apache_x.x.x-win32-x86-no_ssl.msi)をダウンロードして実行すると、GUIのインストーラが起動します。

 途中で、必要事項(稼働させるWebサーバーのドメインネームや管理者のメールアドレスなど、後で変更可能)を入力する必要がありますが、インストーラに従うだけでインストールは完了します。

 lighttpdの場合は、WLMP ProjectのWebサイト(http://en.wlmp-project.net/downloads.php?cat=lighty)より、Windowsバイナリ用のインストーラ(LightTPD-x.x.x-x-Win32-SSL.exe)をダウンロードして実行すると、GUIのインストーラが起動します。

 基本的にインストール場所の確認を求められるだけで、インストールは完了です。インストール完了後は、lighttpdをインストールしたフォルダ内にあるサブフォルダ「bin」の中に存在する「Service-Install.exe」を実行すると、サービスとしてlighttpdが登録され実行されます。

 このようにWindowsのGUIインストーラでも、両ソフトウエアに操作の違いはほとんどありません。

 どの方法でインストールした場合でも、デフォルトのサンプル設定ファイルを使えばWebサーバーとして稼働しますので、基本的にインストールの容易性については、Apache・lighttpdともにほとんど違いはありません。

 次回は、Apacheとlighttpdのパフォーマンス面について検証を実施していきます。

TIS株式会社
基盤技術センター所属。オブジェクト指向開発、開発環境・ツール整備に従事した後、近年はRuby on Railsを中心としたオープンソース系ミドルウエアの検証/導入や、Xenなどのサーバー仮想化技術をターゲットに取り組んでいる。最近はクラウド・コンピューティングに興味津々。http://www.tis.co.jp/http://d.hatena.ne.jp/rx7/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています