PR

Arduinoを用意して簡単なプログラミングをはじめよう

2013年2月12日(火)
藤原 敬弘

前回はミニ四駆の紹介と、FULLERで作製したミニ四駆の紹介で終わりましたが、今回は実際にモノを動かしていきます。まずは、Arduinoに触れるところからはじめます。

Arduinoキットや工具を準備しよう

まずは今回必要となるArduinoのキットやテスター、USBケーブルなど以下のリストの道具を揃えます。ショップに行くのが面倒という方は、リンク先(Amazon)を参照してください。

購入するものリスト

テスターはあまり必要でないと思う方がいるかもしれませんが、必ず用意してください。Arduinoを使ってデバイスを開発する時に、テスターはデバッガの役割を果たします。ソフトウェアを開発する上でデバッガが欠かせないように、Arduinoを使って開発する上ではテスターが欠かせません。

ちなみに、連載が終了するまでのパーツ費用は、今回の分も含めて総額でおよそ2万円となりますが、必要になるたびに徐々に購入していきますので、あまり負担にならないよう、無理せず読み進めて頂ければと思います。

プログラミングの第一歩“Hello World”

続いて、開発環境を整えます。IDEをインストールしましょう。IDEは Windows / Mac / Linux に対応しており、どのOSでもArduinoを使った開発をはじめることが出来ます。
> Download the Arduino Software

開発環境が整ったら、定番の "Hello World" を書いてみましょう。IDEを開き、次のプログラムを書きます。

  void setup()
  {
    Serial.begin(9800);
  }
 
  void loop()
  {
    Serial.println("Hello, World");
    delay(1000);
  }

次の手順でArduinoにプログラムを転送することが出来ます。

プログラムをArduinoに転送する(クリックで拡大)

右上のボタンから、 "Hello World" コンソールを開きます。

1秒毎に「Hello, World」が表示された(クリックで拡大)

上記の画像のように、"Hello, World" と1秒毎にコンソールに出れば成功です。

Arduinoにおけるもう一つの "Hello World" はLEDを光らせることです。コンソールで "Hello World" と出すことも出来ますが、LEDを光らせるほうが、よりArduinoらしく楽しいでしょう。まずはキットを展開し、赤LEDを取り出します。これを次の箇所に差し込みます。

ArduinoにLEDを組み込んだところ(クリックで拡大)

LEDには方向があります。足の長いほうをアノード、足の短いほうをカソードと呼びます。ここでは特にLEDに関して解説しないので、詳しくは検索するなどして調べてください。

短い方の足を「GNDピン」、長い方の足を「13番ピン」にそれぞれ差し込む(クリックで拡大)

IDEを使って、次のプログラムを書きます。

 void setup() {
  pinMode(13, OUTPUT);
  }
 void loop() {
  digitalWrite(13, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(13, LOW);
  delay(1000);
  }

このプログラムを走らせて、LEDが光れば成功です。Arduinoの世界へようこそ。

[tips] Arduinoと従来のマイコンの違い

Arduinoと従来型のマイコンで出来ることはそんなに違いはありません。大きく異なるのは、その文化。Arduinoの全てはハードウェアの設計からArduino IDEまで、あらゆるものがオープンソースです。今回、利用しているArduino UNOはピンの配置が固定化されているため、これに接続出来るモジュールが公式、非公式問わず売られています。このモジュールは別途購入する必要がありますが、これを利用するためのソフトウェアは基本的にオープンソースで公開されています。Arduinoを使えば、何か便利なものを作ろうと思った時に、たくさんの電子部品と格闘して、ソフトウェアも自分で組んで...という煩わしさから開放してくれるのです。

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事