PR

Kubernetesで機械学習を実現するKubeflowとは?

2018年6月1日(金)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
KubeCon+CloudNativeConにおいて、Kubernetes上で機械学習を実現するKubeflowが紹介された。

Kubernetesを中心としたクラウドネイティブなソフトウェアのカンファレンスであるKubeCon+CloudNativeCon、3日目のハイライトはなんと言ってもKubeflowだろう。朝9時から始まったキーノートの最初に登壇したGoogleのDavid Aronchick氏は、「KubeConには第1回から参加している」と語り、Kubernetesの盛り上がりに驚きを隠せないようだった。今回は、Kubernetesとともに今最も注目を集めている機械学習をクラウドネイティブにするという、Kubeflowを紹介するセッションとなった。

最初に紹介したのは、機械学習を使う効果だ。Googleのデータセンターの消費電力について、機械学習で制御を行った場合と、人手で制御を行った場合に大きな違いが出ていることを紹介した。

Googleの機械学習による省電力の効果

Googleの機械学習による省電力の効果

しかし多くの人にとって、機械学習を使って効果を出すのはまだ難しいと説明。その理由として、実際の機械学習の利用に至るまでに多くのハードルがあることを解説した。

理想と現実には大きな差がある

理想と現実には大きな差がある

そして機械学習が実行される方式としてDIY(Do It Yourself)型とHosted型があり、それぞれに課題があると説明。DIYの場合は、多くの前処理の実装と既存のシステムとの連携が必要になること、Hostedの場合は最初の段階では問題がなくても、すぐにDIY同じ問題を抱えることになると語った。GoogleはGCPをパブリッククラウドとして展開しているが、ここではGCPによるソリューションに対しても客観的に評価したということだろう。

DIYとHostedの課題を比較

DIYとHostedの課題を比較

そこから機械学習に求められる特性として、Composability、Portability、Scalabilityの3つを挙げて、解説を始めた。

機械学習の3つのポイント

機械学習の3つのポイント

Composability(構成可能性)は機械学習においてモデル作成に注目が集まるが、それ以外にも多くのプロセスが必要であることを表す。特に後半の本番環境へのロールアウトについては、この後のPortabilityにもつながる話である。

Portabilityは文字通り、作成した機械学習のアプリケーションをいかにポータブルにできるか? という話で、ハードウェアからOS、フレームワーク、モデルなど多くのレイヤーにソフトウェアが必要になる場合、依存関係やOSなどの互換性を留意して開発を行わないと、実際に本番環境への展開時に問題を残すということだ。

機械学習に必要となる様々なレイヤー

機械学習に必要となる様々なレイヤー

これは実験的な実装からモデルの学習、本番の3つのステージに分けてシステム展開を考慮した場合、デスクトップからオンプレミス、さらにクラウドまで視野に入れたシステム運用を考え必要があるということを示唆している。

実験から本番までのステージに展開できるポータビリティが必要

実験から本番までのステージに展開できるポータビリティが必要

最後のScalabilityは文字通り、GPUやTPUなどのハードウェア、増大するストレージへの要求などに応えられるプラットフォームが必要であるということだ。しかし単にコンピュータリソースだけではなく、人的資産も必要だと言う辺りは、データサイエンティストが不足しているという部分についても言及したという形だろう。

そして機械学習をKubernetesで実装する場合、多くの要因について知識と経験が必要となることを指摘する。これはJapan Container Daysでメルカリのデータサイエンティストが語ったことを裏付ける内容で、データサイエンティスト自身が全てのシステム要件を一人で実装できるというのは稀であるということだ。

機械学習をKubernetesで実装するのは大変

機械学習をKubernetesで実装するのは大変

そこで、それを実現するのがKubeflowであると語った。

Kubeflow 0.1の紹介

Kubeflow 0.1の紹介

ここでは「Kubeflowの中に何が含まれるか?」という情報のほうが重要だろう。Jupyter NotebookとTensorFlowのためのコンポーネントが含まれる。またパッケージングには、Ksonnetが使われていることも注目だろう。簡単なコマンドでKubernetesのManifestを生成できるパッケージングツールだ。

Kubeflowの中身

Kubeflowの中身

ここからは実際にデモを行った。いわゆるテストランのレビューを、TensorFlowを使って評価するというもので、特徴的なのはラップトップで作ったMinikubeの構成から、パラメータを変えるだけでGCP上のGKEにモデルを実装して推論を行うという部分だろう。この部分は、Ksonnetのパッケージの機能がうまく働いているようだ。

KsonnetのコマンドでモデルをGKEで実行

KsonnetのコマンドでモデルをGKEで実行

このセッションでは、ラップトップでの実行からGKE上のTPUを使った実行までライブデモを行い、いかにシンプルにKubeflowが実行できるのかを見せつけた形になった。

Kubeflowが「やらないこと」の紹介

Kubeflowが「やらないこと」の紹介

ここでのポイントとしてKubeflowは「カスタマイズされた特別なツールではないこと」、「クラウドに限定されたものではないこと」、さらに「Kubernetes APIをカスタマイズしたものでもないこと」が強調された。つまり、デスクトップからオンプレミス、GCP以外のパブリッククラウドでも実行可能であること、Ksonnetによって様々なプラットフォームに対応できることを意味している。

まだバージョンも0.1ということで、あくまでも初期のプロトタイプ的な位置付けだろうが、このままコミュニティが成長して、AWSやAzureなどのプラットフォームへの対応、TensorFlow以外の機械学習フレームワークへの対応が進めば、一気にKubernetes上への機械学習の実装が進むのでは? と感じさせるプレゼンテーションであった。

David Aronchick氏のプレゼンテーション「Kubeflow ML on Kubernetes」

Kubeflow

KubeConでは他にも、Heptioのエンジニアと組んでより詳細にデモを実施したセッションも行われた。Kubeflowをラップトップ、AWS、GKEのそれぞれのプラットフォームで動かし、Heptio ArkというこれもオープンソースのKubernetesクラスターをバックアップするツールを使って移動させるというデモも行われた。ここでも、マルチクラウドを意識した運用を想定していることが見てとれる。

「Conquering a Kubeflow Kubernetes Cluster with ksonnet, Ark, & Sonobuoy」

参考までに、HeptioはGoogleでKubernetesを開発していた二人のエンジニアが創業した企業で、Kubernetes関連のソフトウェアを多く開発している。

Heptioのオープンソースソフトウェア:https://heptio.com/products/

機械学習のワークロードは、バッチ式の実装や大量のデータストアの必要性から、どちらかといえばKubernetesには向かないのではと思われていた。しかしKubeflowにより、Googleの推進するオープンソースソフトウェアでこれが実装されたということに大きな意味があると言えるだろう。まだ「バージョン0.1」ということで、これからの進化が楽しみになったセッションであった。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウド
第5回

コマンドラインツールを用いずにCI/CDを行うGitOpsとは?

2018/6/5
DevOpsをさらに推し進めた「GitOps」という開発手法が、KubeCon+CloudNativeConが紹介された。
クラウドイベント
第4回

Kubernetesで機械学習を実現するKubeflowとは?

2018/6/1
KubeCon+CloudNativeConにおいて、Kubernetes上で機械学習を実現するKubeflowが紹介された。
仮想化/コンテナイベント
第3回

Kubernetes最新情報とダイバーシティがトピックのKubeCon 2日目

2018/5/30
KubeCon+CloudNativeCon 2日目には、Kubernetesの最新情報を始めとする多くのトピックが紹介された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています