PR

KubeConにKelsey Hightower氏登壇、コンテナからサーバーレスへ移行するデモを実演

2019年1月29日(火)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
KubeCon Seattle、最終日にKelsey Hightower氏が登壇し、コンテナからサーバーレスへと移行するデモで魅せた。

KubeCon最終日のキーノートでは、Uberの巨大な分散データベースのユースケース、GoogleのJanet Kuo氏によるKubernetesのエコシステムに関するアップデート、Red HatのRob Szumski氏によるOperator Frameworkの説明があり、そして最後にGoogleのKelsey Hightower氏によるプレゼンテーションとデモが行われ、最終日にふさわしい豪華な内容となった。

Kelsey Hightower氏によるデモ

Kelsey Hightower氏はこれまでも多くのカンファレンスで、Kubernetesやサーバーレスのプレゼンテーションを実施しており、常に注目されている存在だ。その理由はほとんどスライドを使わずにデモ、それもライブデモを中心にプレゼンテーションを組み立てることで、観客を引き込む強力な魅力と伝えたいメッセージをデモの形に作り込む技術があるからだろう。今回もサーバーレスに関する非常に説得力のあるコンテンツとなった。

GoogleのKelsey Hightower氏

GoogleのKelsey Hightower氏

Hightower氏は2016年に公開された「Hidden Figures」(邦題は「ドリーム」という陳腐なものなので、ここではHidden Figures、つまりNASAの宇宙計画に存在した黒人女性エンジニアたちが文字通り影に隠れた人物たちであったという意味に敬意を表して、英語表記のままとする)のエピソードを紹介するところから始まった。

これまで筆者が見たHightower氏のプレゼンテーションは、1枚のスライドに自分の名前とセッションタイトルだけというものがほとんどだったが、今回はHidden Figuresの登場人物、Dorothy Vaughanのシーンを借りて、数学に長けたエンジニアが紙と鉛筆による計算からIBMのコンピュータを借りてFortranを使って軌道計算などを行う部分に触れ、「手段がどうであれ、最も重要なのはその仕事の中身」として、暗にKubernetesやサーバーレスなどのプラットフォームの部分に注目が集まることを批判したように思える出だしとなった。

Fortranを紹介するHightower氏

Fortranを紹介するHightower氏

つまり紙と鉛筆だろうが、IBMのコンピュータ上でFortranを使おうが、軌道計算を行って宇宙飛行士を地上に戻すと言う仕事そのものには変わりはないということから、コンテナがオーケストレーションされようが、サーバーレスのファンクションとして実行されようが、やるべき仕事の内容には変わりはないということを実演する流れとなった。

ここからデモが開始される。Fortranの簡単なソースコードを見せ、質量(mass)に速度(velocity)を乗算して運動量(momentum)を得るという非常にシンプルかつHidden Figuresに沿ったコードをコンテナで実行するところから始まった。

デモで使われたシンプルなFortranのソースコード

デモで使われたシンプルなFortranのソースコード

そのコードをGCPを使ってコンテナの中で実行し、入力データとなるCSVからデータを読み込み、乗算を行った結果が表示されるところで、会場からは少ないながらも拍手が起こる。

次に作成されたコンテナイメージをDiveというツールでコンテナのレイヤーを可視化し、その中から必要な実行形式のファイルを会場に示した。

Diveを使ってコンテナのレイヤーを可視化

Diveを使ってコンテナのレイヤーを可視化

その次が、今回のデモの最も湧いた部分だ。それはHightower氏が自ら開発したというdianaというツールを用いてコンテナから必要なイメージを抜き出し、それをAWS Lambdaで実行できるようにZIPファイルにまとめるというフェーズだ。コマンドラインから入力された直後に「I'm coming out ...」というメッセージがターミナルに表示され、同時にダイアナ・ロスのヒット曲「I'm Coming out」が再生されたのだ。

ダイアナ・ロスのヒット曲が再生された瞬間。会場は大ウケだ

ダイアナ・ロスのヒット曲が再生された瞬間。会場は大ウケだ

この曲は1980年にリリースされたもので、当時の売れっ子ミュージシャンChicのギタリストのNile Rodgersと、ベーシストのBernard Edwardsによって作られたもので、コンテナからイメージファイルを取り出すという部分と「I'm Coming out」というフレーズが見事にシンクしており、KubeConの会期中で最も湧いた瞬間となった。

実際にこの音源を開始するタイミングとツールの実行を合わせるのが非常に難しかったと語り、このデモに賭けたKelsey Hightower氏のこだわりを見た瞬間となった。その後、それをAWSにアップロードし、CSVデータをアップロードした段階でトリガーが実行され、AWSのLambdaのファンクションとして、このFortranのアプリケーションが実行されたことを確認した。

コンテナがGCP上で実行され、ソースコードを何も変更せずにそれをAWSのサーバーレスプラットフォームで実行する、大事なのは環境ではなく、デベロッパーが書くコードであり、そのためにインフラストラクチャーはもっと抽象化されるべき、サーバーレスはそのための最適な道筋である。このメッセージを、シンプルなデモでまとめたHightower氏の本領発揮と言えるセッションとなった。かつて「GCPは私にとってのオンプレミスだよ」とステージ上でコメントしたこともあるHightower氏だが、サーバーレスの実行環境と言う部分では先行するAWS Lambdaを使うという部分も非常に説得力があるものだった。

Kelsey Hightower氏のキーノート動画:Kubernetes and the Path to Serverless - Kelsey Hightower, Staff Developer Advocate, Google

UberのM3DBの解説

最終日のこの日は、他にもUberの分散タイムシリーズデータベースであるM3DBに関する解説があった。これはUberが利用する自社製のタイムシリーズデータベースで、オープンソースの分散データベースCassandraとFacebookが開発したインメモリーデータストアGorillaにインスパイアされたものであるという(Gorillaは、システムのモニタリング用のデータをストアするものとして開発された)。

UberのM3DBの規模感がわかるスライド

UberのM3DBの規模感がわかるスライド

スライド:What is M3?

参考:M3: Uber’s Open Source, Large-scale Metrics Platform for Prometheus

詳細なドキュメンテーション:M3DB, a distributed time series database

2016年は2クラスターで構成も1種類だけだったものが、2018年現在は40以上のクラスターで稼働、構成は10種類以上存在する。Uberが利用する多くのサーバー/クラスターのメトリクス情報をストアし、障害時に原因解析のために利用するというのがM3DBの目的だ。Uberの巨大かつ地理的に分散されたトラフィックからメトリクスを保存するためには、シングルノードのPrometheusではダメで、分散したクラスターからのメトリクスに最適なデータストアを考えた時に、ブロックストレージやオブジェクトストレージなども検討したが、最終的にKubernetesにアタッチしたローカルストレージを集約する分散データベースに落ち着いたという。

またUberはM3DB運用のためにOperator Frameworkを活用して、よりプロアクティブな運用を行っている点にも注目だ。

Operatorによってプロアクティブな運用を実行

Operatorによってプロアクティブな運用を実行

またKubernetesが持つ宣言的な設計思想が、手続き的な運用方法よりも巨大なシステムの運用には適していると解説した。これは常にあるべき姿(ノード数やPod数など)を宣言し、それを達成するようにKubernetesが自律的に稼働するという部分の解説だが、ペットではなく家畜的にサーバー資源を扱うためには必要な発想だろう。

手続き的ではなく宣言的なシステム運用

手続き的ではなく宣言的なシステム運用

Operatorは、この後のRed Hatのセッションでも紹介されたが、CoreOS発祥のソフトウェアとしてRed Hatが強力にプッシュしており、アプリケーションに最適化されたKubernetes運用のためのノウハウが凝縮されたものだ。

この流れで、Red HatのRob Szumski氏によるOperator Frameworkに関するセッションを紹介しよう。これはGoogleのKelsey Hightower氏の直前に行われたもので、3大パブリッククラウドとオンプレミスのハイブリッドクラウドを拡めたいRed Hatにとって、絶好のチャンスとなった。

Operator Frameworkを紹介するRed HatのSzumski氏

Operator Frameworkを紹介するRed HatのSzumski氏

Szumski氏はKubernetesが導入される段階として3つのフェーズを紹介。最初はステートレスなアプリケーションのためのプラットフォームとして使う段階、次がレガシーなステートフルなアプリケーションとストレージのために使う段階、その後さらに進化して複雑な分散システムのためのプラットフォームとして使う段階に進んでいくと説明した。その際に運用のためのベストプラクティスが、個々のユーザーやベンダーにだけ存在させるのではなく、それを再利用するための仕組みが必要であるというのが、Operatorを開発した背景であるという。

Kubernetes利用の3段階

Kubernetes利用の3段階

様々なユーザー企業が自前のKaaS(Kubernetes-as-a-Service)を作り始めていることが背景にあるとは言え、抽象化するためのコマンドラインツールやユーティリティを作るのではなく、アプリケーションごとのノウハウをコードとして流通させようというのは、いかにもRed Hatらしいやり方のように思える。

運用者のノウハウを凝縮したものがOperator

運用者のノウハウを凝縮したものがOperator

すでにGitHubにはOperator Frameworkのマーケットプレイスが存在しているが、現状ではPre-Alphaバージョンであり、Red HatのOpenShiftのアップストリーム版のOKDをベースにしたドキュメンテーションとなっている。そのため、パブリッククラウドやオンプレミスの素のKubernetesで利用するためには、もう少し時間が必要かもしれない。

参考:https://github.com/operator-framework/operator-marketplace

続いてSzumski氏は、Operator Frameworkを構成するSDK、Lifecycle Manager、Meteringの3つを説明した。それぞれまだAlphaバージョンであるということだが、興味深いのはOperator Frameworkそのものが実際にはOperatorで構成されているというメタな構造だろうか。

Operator Frameworkの3つのコンポーネント

Operator Frameworkの3つのコンポーネント

クラウドネイティブなシステムにおいて多く使われるコンポーネントについては、すでにベンダーオフィシャルのものが多く用意されている。しかし同じコンポーネント用に複数のOperatorが存在するという状況も発生していること、またドキュメンテーションの品質にも差があることなどを見ても、成熟していくのはこれからという状況だろう。この辺りは、Red Hatが持つコミュニティ運用の経験が必要となっていくと思われる。

すでに存在する各種のOperator

すでに存在する各種のOperator

https://github.com/operator-framework/awesome-operators

Kubernetesの最新状況まで解説

最後に、GoogleのJanet Kuo氏のプレゼンテーションを紹介する。Kubernetesに関してはKubeConの語り部として上海から登壇しているKuo氏だが、わかりやすいゆっくりとした英語と訥々とした雰囲気で、Kubernetesの生い立ちから最新の状況までを解説した。

Kubernetesの宣言的な設計思想について語るKuo氏

Kubernetesの宣言的な設計思想について語るKuo氏

特に最後に挙げた「どうしてKubernetesは単なる流行から、リアルなプラットフォームとして生き残ったのか?」という部分については、Googleでの開発と運用の歴史、ユーザー主体の開発コミュニティ、宣言的なAPIと自動化機能、パブリッククラウドからオンプレミス、SaaSまで稼働する幅広さなどに加えて、最も重要な要因として挙げたのがコミュニティの存在だった。

Janet Kuo氏が挙げたKubernetes成功の要因

Janet Kuo氏が挙げたKubernetes成功の要因

この写真は1番目の要因であるCommunityが出てくる前に撮影したものだったが、コミュニティが最も大きな要因だと語ったのは印象的だった。つまり最も大きな貢献をしているGoogleの影響よりも、この会場に集っているエンジニアからの協力、コラボレーションが成功の要因だと締めくくったわけで、これからもコミュニティを重視するというGoogleの、そしてCNCFの姿勢の現れを見た瞬間だった。

Janet Kuo氏のキーノート動画:Kubernetes Project Update - Janet Kuo, Software Engineer, Google

2018年最後のKubeCon North America最終日のキーノートは、サーバーレスのライブデモ、Operator Framework、そしてUberのユースケースと、非常に内容に富んだものとなった。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第9回

マクニカネットワークス、シアトルでKubeCon参加者向けのミニセミナーを開催

2019/2/19
KubeCon最終日に、マクニカネットワークスがNGINXとTwistlockを招いたミニセミナーを開催。
クラウドインタビュー
第8回

注目集めるK8sのセキュリティ:Twistlockの包括的セキュリティソリューションとは

2019/2/7
KubeCon+CloudNativeConでは多くのベンダーが製品・サービスで覇を競った。その中から包括的なセキュリティソリューションを標榜するTwistlockを紹介する。
クラウドイベント
第7回

大手からベンチャー、ユーザー企業までが参加したKubeConのショーケースは大人気

2019/1/31
KubeConのショーケースは、クラウドネイティブ分野の大手企業からベンチャー、そしてユーザー企業までも参加して大にぎわいとなっていた。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています