PR

簡単すぎる!ウェブマスターツールの設定

2009年2月12日(木)
渡辺 隆広

インデックスする地域を設定する

 まずは、皆さんが運営するサイトが、適切な国・地域のGoogleサイトで検索できるようにするための作業です。

 例えば、シンガポール向けに作成した英語で記述したサイトが、米国と認識されるためにGoogleシンガポール(google.com.sg)で表示されないといったことが、グローバル企業のサイトで時折、見かける問題です。

 こうした問題を解決するために、ウェブマスターツールから自分の所属国・言語を指定しておきましょう。ウェブマスターツールのメニューから「設定」を選択すると、サイトの設定画面が表示されます。ここで「ターゲットユーザーの地域」にチェックを入れて、右側の選択肢から対応する国を選びます。日本人をターゲットにするなら、google.co.jpを示す日本を選択します。

 また、使用するドメインについて、wwwの「あり・なし」の設定もできます。あり・なしを混在させると、被リンクが分散してしまい評価が下がるので、どちらかで統一しましょう。

インデックスの制御を確認する

 次に、同じ画面から、クロール頻度の設定も確認しましょう。先ほどの「設定」画面を開き、一番下の項目「クロール頻度」を確認します。デフォルトは「クロール頻度はGoogleが決定(推奨)」が選ばれています。

 これは基本的に操作する必要がないのですが、例えばウェブページを動的に出力しており、サーバーに負荷がかかりがちな時、クローラのアクセス頻度によってはページが開くまでに時間がかかるケースがあります。筆者の場合、とある検索エンジンからのクロール頻度があまりに多く、運営するサイトのサーバーが落ちてしまうことなどありました。

 検索エンジンの中でもGoogleは比較的、サイト運営者に配慮して無理なアクセスはしていないのですが、それでも困る方もいるかと思います。その場合は、「カスタムクロール頻度を設定」をクリックします。

 カスタムクロール頻度の設定画面は、スライドバーを左右に動かすと、右側にリクエスト回数/秒とリクエスト間の時間(秒)という数値が変化します。希望の値になるようにバーをスライドさせて、保存ボタンを押しましょう。

 ちなみに、Googleは更新頻度が高いページにはクロールの頻度が多く、更新があまりされないページへはあまりクロールしません。また、頻度の多さと検索順位とはまったく関係ありませんので、ページ更新や追加が少ないのに頻度を上げるのはやめましょう。ここで設定を変えても、そういったサイトにおいてはまったく効果がありません(頻度があがりません)。

株式会社アイレップ
日本のSEO黎明(れいめい)期である1997年よりSEOサービスを開始。2002年に会社設立(株式会社イー・プロモート)後、2005年4月より株式会社アイレップにてSEM総合研究所所長を務める。アイレップのSEOサービスを監修するほか、日米欧の検索業界の市場調査、サーチマーケティング関連のソリューション開発、検索エンジン企業等への事業展開アドバイスなども行う。SEO分野での第一人者として多くの執筆・講演活動で活躍中。主な著書に「検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書」(翔泳社刊)など。また、専門誌・サイトで多数の連載記事を担当し、その高い専門性で人気を博している。http://www.irep.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています