PR

便利なWordPressプラグインの紹介

2009年3月24日(火)
清音

WPプラグインでできること、探す場所

 WordPressがブログ構築ソフトウエアとして世界的にシェアを伸ばし、日本でも利用者が増加している1つの大きな理由として、プラグインの多彩さがあげられます。

 WordPressのプラグインは、WordPressに機能を追加してくれるプログラムのことです。「各投稿記事の下に関連記事のリンクを表示したい」(http://aoina.com/archives/65)とか、「いろいろなソーシャルブックマークボタンを表示したい」(http://www.meblog.info/26.html)など、本来ならばPHPを知らないとできないようなことでも、大抵のことはプラグインが解決してくれます。

 ですので、WordPressを使っていて「こんなことできないだろうか?」と思い立ったときは、まずプラグインを探してみましょう。

 プラグインを探すには、Googleなどで「プラグイン 関連記事」などと検索すれば簡単に見つかると思います。検索エンジンで思い通りのプラグインが見つからない場合は、「Standing Tall - WordPressプラグイン一覧」(http://tekapo.com/st/wp/plugins/)でプラグインがカテゴリー別にまとめられていますので、目的のプラグインが探しやすいです。

 また、多くのWPブロガーが各自の好みのプラグインリストを記事にしています。この手の記事は「あっ、こんなプラグインもあるんだ!」という気付きを与えてくれます。以下にいくつかプラグインをまとめているサイトを紹介します。

1. 「coliss - Wordpressの便利なプラグイン集-2008年10月」(http://coliss.com/articles/blog/wordpress/plugin/1532.html
2. 「U-ziq - WordpressのプラグインTOP30」(http://www.u-ziq.com/blog/2007/03/wordpresstop30.html
3. 「plasticdreams - WordPress をインストールしたら最初に入れる10のプラグイン」(http://plasticdreams.org/archives/2006/06/24/1260/first-install-10-plugins/
4. 「TRANS [hatena] - WordPressで企業サイトを作る際によく使うプラグイン」(http://d.hatena.ne.jp/aratako0/20070707/p1

 本記事では、最も基本的な5つのプラグインを紹介していきましょう。

「Contact Form][」でコンタクトフォームの作成

 コンタクトフォームとは、Webサイトでよく見かける、運営者にメールを送信するための記入フォームです。

 WordPressではプラグインを使うとコンタクトフォームが簡単に作成できます。コンタクトフォームを生成するプラグインは多数ありますが、ここでは「Contact Form][」(http://chip.cuccio.us/projects/contact-form-ii/)というプラグインを紹介します。

 このプラグインの使い方は非常に簡単です。以下の手順で行います。

 1. プラグインを有効化します。

 2. コンタクトフォームを表示させるためのページを新規に作成する。ページタイトルは「コンタクト」「メールの送信」などが良いでしょう。

 3. このプラグインを有効化するとページ作成時に「Insert Contact Form」というボタンがメニューに表示されるので、これをクリックします。すると、ページ中に[CONTACT-FORM]という文字が入力されます。ここにコンタクトフォームが表示されます(図1)。

 4. ページを投稿するとコンタクトフォームが表示されているのが確認できます。

在米ベンチャー企業勤務。輸入卸売業、ネットショップ展開などに従事する傍ら、個人でもアフィリエイトサイトを多数運営。海外SEOブログ(http://seofromusa.com)、Sphinn Japanブログ(http://blog.sphinn.jp/sugane)で執筆中。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています