PR

UbuntuでTOMOYO Linuxを使う

2009年7月9日(木)
吉田 史

UbuntuでのTOMOYO Linux利用方法 ~(1)LiveCD ISOイメージを使う

 「TOMOYO Linux徹底解剖」第2回では、Ubuntu開発者としての視点から、UbuntuにおけるTOMOYO Linuxの主な3つの使い方と、2種類のTOMOYO Linuxとの関連、そしてTOMOYO LinuxがUbuntuに受け入れられるまでの経緯について解説していきます。

 Ubuntu Japanese TeamとTOMOYO Linuxプロジェクトは、TOMOYO Linuxがメインラインに取り込まれる以前から交流がありました。このため、TOMOYO Linuxの「入門用」ドキュメント(http://tomoyo.sourceforge.jp/ja/1.6.x/1st-step/ubuntu8.04-live/など)の多くは、Ubuntuを前提に書かれています。こうした背景から、Ubuntu上でTOMOYO Linuxを使うことは非常に簡単です。

 UbuntuにおけるTOMOYO Linuxの使い方は冒頭でお伝えした通り、以下の3つの方法があります。

 (1)LiveCD ISOイメージを使う
 (2)TOMOYO Linuxのパッケージを利用する
 (3)Ubuntu 9.10を利用する

 まず1つ目はTOMOYO Linuxプロジェクトが配布しているLiveCD ISOイメージ(http://tomoyo.sourceforge.jp/ja/1.6.x/1st-step/ubuntu8.04-live/)を使う方法です。これはUbuntu 8.04のみで利用可能で、TOMOYO Linuxは1.x系(非LSM版)で利用できます。

 この方法で利用者が行うことは「CDイメージをダウンロードしてCD-Rに焼き、そのCDを用いてシステムを起動する」だけです。UbuntuでTOMOYO Linuxを使う場合、現時点でもっとも簡単なのがこの方法です。LiveCDでシステムを起動するだけで、TOMOYO Linuxの全機能を体験できます(図1)。

 ここで用いるCDイメージは、通常のUbuntuの環境に、TOMOYO Linux 1系(非LSM版)ををあらかじめ導入したものです。標準的なUbuntuのLiveCDと同じく、このCDからHDDへインストールすることも可能ですし、インストール後もTOMOYO Linuxの機能を利用することが可能です。HDDにインストールした場合、次で述べる「2つ目の方法」を「素のUbuntu」に適用したものと同じ状態になります。

 余談になりますが、LiveCDを用いる場合は、CentOS版のLiveCD(http://tomoyo.sourceforge.jp/ja/1.6.x/1st-step/centos5-live/)もありますので、Red Hatに慣れた方はそちらを利用することもできます。TOMOYO Linuxを初めて利用する場合、UbuntuかCentOSのLiveCDのどちらかで基礎的な利用法を学び、その上で使いたいディストリビューションでの操作を試すと良いでしょう。

UbuntuでのTOMOYO Linux利用方法 ~(2)TOMOYO Linuxのパッケージを利用する

 2つ目は、TOMOYO Linuxプロジェクトが配布しているTOMOYO Linuxパッケージを利用する方法です。

 これは、Ubuntuがインストールされた環境に、TOMOYO Linuxを有効にしたカーネルパッケージと、ユーザランドツールをインストールする形で行います。この方法のメリットは、既存のUbuntu環境にTOMOYO Linuxの機能を追加できる点で、6.06~9.04までのUbuntuで利用できます。

 TOMOYO Linuxプロジェクトの方々の尽力により、Ubuntu 8.04 LTSを利用している場合の詳細な手順がhttp://tomoyo.sourceforge.jp/ja/1.6.x/1st-step/ubuntu8.04/にあります。8.10・9.04を利用している場合は、パッケージ・ツール情報(http://tomoyo.sourceforge.jp/ja/1.6.x/install.html)とあわせて、8.04用のドキュメントも参照してください。

Ubuntu Japanese Team/株式会社創夢
Ubuntu Japanese Team/Ubuntu Member。株式会社創夢所属。システム管理を中心にWindows/PC Unixを併用するサーバー・HPC・ワークステーション系エンジニア。Ubuntu Japanese Teamではミラーサーバー群の管理や翻訳などの作業を担当。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています