PR

【大阪開催】ジャパンネット銀行は、サイバー攻撃に備えてどのような対策をしていったのか?(事例で見るEDRの活用法)

主催者: 
株式会社オージス総研 / 協賛:サイバーリーズン・ジャパン株式会社 / 協力:マジセミ / オープンソース活用研究所
日時: 
2018年11月16日(金) 14:00
会場(場所): 
グランフロント大阪 タワーA 31F「マイナビルーム」

大阪府大阪市北区大深町4番20号

【感染を防ぐよりも、感染したらどうするのか?】

近年では高度化するサイバー攻撃対策への対応について、多層防御という考え方が主流となり、マルウェアに感染後の対策(いわゆる内部対策と出口対策)が重要視されています。

【ジャパンネット銀行は、サイバー攻撃に備えてどのような対策をしていったのか?】

ジャパンネット銀行は、2015年当時サイバーキルチェーンに照らし同行のセキュリティ対策を再整理したところ、内部対策と出口対策が弱いという結果になったそうです。

そのような中、ジャパンネット銀行は、どのようにサイバー攻撃対策を進めていったのでしょうか?

【実際に担当したサイバーセキュリティ対策室長 岩本氏が登壇】

本セミナーでは実際に対策を進めた、ジャパンネット銀行 IT統括部 サイバーセキュリティ対策室長 岩本氏が登壇し、対策事例やそのポイントについて解説します。

【注目されているのがEDR(Endpoint Detection and Response)】

また、「侵入されること」を前提とした対策として注目されているEDR(Endpoint Detection and Response)を中心に、事例や最新のサイバー攻撃動向のご紹介、及びEDR製品”Cybereason”のデモをご覧いただきます。

【セッション紹介】
■サイバー攻撃の現状と対応策概要
■サイバー攻撃から企業を護る最後の砦!EDRのご紹介
■SIerが実際に行っているサイバーセキュリティ対策を紹介~どんな対策が必要なのか?~
■【特別基調講演】ジャパンネット銀行流のセキュリティ対策~効果的な標的型攻撃対策~

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています