PR

AdobeがFlashの終了計画を発表

2019年10月15日(火)

 Adobe Systemsは10月13(現地時間)、今後の「Flash」についての計画を発表した。

 今回の発表で、AdobeはFlashの終了を計画していることを公表。具体的には、2020年末までにFlash Playerの配布およびアップデートの提供を終了する。そして、代替技術としてHTML5を推進する。アニメーション制作ツール「Animate CC」や動画編集ツール「Premiere Pro CC」ではHTML 5サポートを継続する。

 Webブラウザでも、Flashのサポートが段階的に終了する予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る