PR

クラスタリングサーバも怖くない

2006年6月19日(月)
平 初

ケーススタディ「クラスタリングサーバ」

   第1回と同じある架空のSI会社で、今度はBさんが困っています。Aさんは社会人2年目で、BさんはAさんの同期でサーバが大好き、Cさんは入社5年目で困難な事象も仮想化技術で解決するのが好きな人です。


  • 同じプロジェクトのロードバランサのテストをすることになったんだ。何かいい方法はないかな?
  • 君らしく、その辺でパソコンを調達してLinux入れればいいじゃないか?
  • 簡単にいうけどさ。テスト用にWebサーバ5台も用意できないよ。ただでさえ狭いデスクのどこに置くんだい?
  • Xenって知っているだろう。あれを使うと簡単にできるよ。
  • そうだな。そういう時もXen使ってWebサーバ構築すると楽だぞ。
  • そうですね。僕も試してみます。
  • Aさんがマスターイメージ作ったはずだからコピーしてもらうといいよ。
  • Aさん、お願い、マスターイメージをください。お昼ごちそうするから。

   世の中に出回っている大半のロードバランサは、1Uか2UのIAサーバで構成されています。いざとなった場合、デスクの上にギリギリおけるサイズです。

   ところでクラスタリングに必要なWebサーバは何台でしょうか。最低でも2台必要で、大規模なシステムですと数10台規模のWebサーバが必要となる場合があります。よってテスト環境だけでも5、6台必要となる場合があります。

   物理的なサーバは本当に必要ですか。誰が買ってくるのですか。予算が有り余っているプロジェクトでもない限り、難しい話です。

ロードバランシングは奥が深い

   ロードバランシングと一口にいっても、以下のような方式があります。


  • DNSベース方式
  • NATベース方式
  • DSR(Direct Server Return)方式
表1:ロードバランシングの方式

   また、転送先サーバを決定するアルゴリズムも種類があります。


  • 単純なラウンドロビン方式
  • 重み付けラウンドロビン方式
  • システムの負荷を監視して決定する方式
  • セッション情報を元に振り分ける方式
表2:データ転送のアルゴリズム

   テスト環境での事前検証なしで、システムテスト当日に完璧な設定ができますか。できることならば事前にある程度確認しておきたいものです。

   こんな時、仮想化技術を活用することで簡単にテスト環境を用意できます。

レッドハット株式会社

サービス事業統括本部 ソリューション・アーキテクト部
ソリューションアーキテクト&クラウドエバンジェリスト

商社系システムインテグレーター、外資系ハードウェアベンダーを経て、現在、レッドハット株式会社にてクラウドエバンジェリストとして活躍。2006年に仮想化友の会を結成し、日本における仮想化技術の普及推進に貢献した。

主な著書に「KVM徹底入門」(翔泳社)、「Xen徹底入門」(翔泳社)、「100人のプロが選んだソフトウェア開発の名著」(翔泳社)、「Red Hat Enterprise Linux 7がやってきた」(日経ITpro)がある。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています